万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

カテゴリ:好きな短歌  > 万葉集 巻二から

万葉集 巻二 114 115 116

114 但馬皇女(たじまのひめみこ)が高市皇子(たけちのみこ)の宮にいた時に、穂積皇子(ほずみのみこ)を思ってお作りになった歌一首
秋の田の 穂向きの寄れる 片寄りに 君に寄りなな 言痛くありとも
あきのたの ほむきのよれる かたよりに きみによりなな こちたくありとも

115 勅命によって穂積皇子を近江の志賀の山寺に遣わした時に、但馬皇女のお作りになった歌一首
後れ居て 恋ひつつあらずは 追ひ及かむ 道の隈廻に 標結へわが背
おくれいて こいつつあらずは おいしかん みちのくまみに しめゆえわがせ

116 但馬皇女が高市皇子の宮にいた時に、ひそかに穂積皇子と関係を結び、その事が露顕して、お作りになった歌一首
人言を 繁み言痛み 己が世に いまだ渡らぬ 朝川渡る
ひとことを しげみこちたみ おのがよに いまだわたらぬ あさかわわたる


<私の想像を加えた歌の意味>
114
実った穂が一方にだけなびいています。
ぴったりとあなたに寄り添っていたい。
実った穂のように。
たとえ、世間がどのように私のことを悪く言おうとも。

115
後に残ってあなたの帰りを待ち焦がれているなんて、我慢できません。
それくらいなら、あなたの後を追いかけて行きましょう。
通った跡に印をつけておいてください、あなた。
私が追いつけるように。

116
うわさを気にしてなぞいませんが、でもあなたと私のことを言ううわさが絶えません。
これ以上、うわさになるのは困ります。
なるべく人目につかないように、あなたの所から帰る時は朝早くに帰ります。


 恋する思いが感じられる。そして、それは強く行動的だ。
  115と116は、歌の訳としては諸説あり、どれを採用すべきかは迷う。しかし、二人の恋を非難する世間があるが、それに負けないで恋を貫こうとする意思は、どのように訳そうと伝わってくる。
 この三首それぞれは、特に優れているとは感じない。しかし、三首をまとめて味わうと作者の人物像が浮かんでくる。周囲のうわさは知っているが、自己の感情に素直に生きようとする思いが時代を超えて伝わってくる。

万葉集 巻二 103 104 

103 天皇が藤原夫人に与えられた御歌一首

わが里に 大雪降れり 大原の 古りにし里に 降らまくはのち
わがさとに おおゆきふれり おおはらの ふりにしさとに ふらまくはのち

104 藤原夫人が答え奉った歌一首 

わが岡の 龗に言ひて 降らしめし 雪の嶊けし そこに散りなむ
わがおかの おかみにいいて ふらしめし ゆきのくだけし そこにちりなん

<私の想像を加えた歌の意味>
103
こちらでは、大雪が降りましたよ。
辺り一面美しい雪景色で、あなたにも見せたいものです。
あなたが里帰りしている大原の古都では雪はまだまだ降らないでしょうから。

104
何をおっしゃっているのですか。
私は、大原の岡の神に言って、こちらでもう雪を降らせましたよ。
そちらに降ったと自慢している雪こそ、大原に降った雪の残り物でしょうよ。


 短歌でのやり取りを楽しんでいる双方の気持ちが伝わってくる。
 103の方は、初雪を夫人と共に眺めたかったという気持ちがあり、104の方は、あなたと一緒に大原の雪景色を眺めたかったという気持ちがあるのだろう。それをそのまま表さずに、ひとひねりして贈答している。
 自慢とやせ我慢と受け取ることもできるのだろうが、それよりは表現上の技巧のおもしろさとユーモアのセンスを味わうべきだと思う。
 題材が初雪というのにも、暮らしの美意識と豊かさを感じる。

↑このページのトップヘ