万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

カテゴリ: 現代の短歌 感想

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)たぶん来る明日の方へゆつくりとペダルの上の雨を踏み込む 将来への展望の感じられない現状を描いているのに、この一連の短歌は前に進もうとする気持ちを感じる。それを、この作か…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)ひとつづつ昔の傷をうづかせて入社と退社をあまた記せり 私は、この短歌で表現されていることが気になっていた。どうして最近はこうなったんだ!と思う。 それは、就職、就労、つ…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)三冊の求人情報誌を広げ見たことのある未来を選ぶ 自分が過去の人間である、と感じてしまう。私は、学生時代を含めて「求人情報誌」を見たことがない。また、社会へ出てからは、転…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)さびしさのひきおこしたる症状がつぎつぎあふれだす月の夜 歌われている題材は、平凡だ。表現方法が現代だ。時代が違えば、「症状」は病気の場合に使われる言葉だった。今は、この…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)平日の街をゆき交ふ人たちの健全な目に射られてあせる 平日の街は、働く人たちであふれている。まるで、自分だけが仕事を持たない人のようだ。 忙しく動く街の活気、それに比べて…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)ゆき先を決めずバイトを辞めたれば世界は朝から晩まで樹海 私は、次の働き口を決めずにそれまでの仕事を辞めたことがない。それは、私だけではなく、過去の世間の常識だった。今は…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/6/21 あるきだす言葉たち 英雄 小島 一記(こじま かずき)たまきわるAI独裁政権下ノートに物を書く罪あらん AIが社会の機構の隅々にまで浸透し、まるで独裁政権のように全ての意思決定をするようになれば、個人が個の考えを表現することさえも禁止さ…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/6/21 あるきだす言葉たち 英雄 小島 一記(こじま かずき)ふるさとに古戦場あり十代の信長が攻めし松葉城跡 「ふるさと」「古戦場」「松葉城跡」の語句を見ると、故郷を懐かしむ平凡な感じしか思い浮かばない。しかし、この作品はなぜか現代のものに…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/6/21 あるきだす言葉たち 英雄 小島 一記(こじま かずき)青色の淡きフォントで議事録に敵失ひとつ加筆しておく 議事録というからには、自分用のメモなどではないのだろう。少なくとも論戦の一方の側では、共有される文書だと思う。そこに、目立たな…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/6/21 あるきだす言葉たち 英雄 小島 一記(こじま かずき)煤(すす)けたる根雪のように積み上げてホチキスの針を資料から抜く 自分の意見を何も書かなくても、ページ数が多く見かけの立派そうな会議資料を作ることができる。結局は、役に立たず、真…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/6/21 あるきだす言葉たち 英雄 小島 一記(こじま かずき)誤りてメールソフトの立ち上がるつかの間青葉闇のため息 「パソコン」「スマホ」と短縮した言い方は嫌いだ。短縮しないで書くと、次のようになる。 パーソナルコンピューターかスマートフォ…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/5/31 あるきだす言葉たち 半袖の人長袖の人  小林 真代(こばやし まさよ)昨夜の雨に湿つた町ですれちがふ半袖のひと長袖のひと 七七五七七の音数なので、こんなに情景がすんなりと浮かぶのだろうか。 例えば、無理に上の句を五七五にしてみると、…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/5/31 あるきだす言葉たち 半袖の人長袖の人  小林 真代(こばやし まさよ)震災復興還元セールとは言へど賑はふでもなし町の電器屋 定型を崩したかに見えると、旧仮名遣いや文語を用いて、短歌の定型リズムを取り戻す。 客観的な描写に終始していそ…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/5/31 あるきだす言葉たち 半袖の人長袖の人  小林 真代(こばやし まさよ)         芍薬(しゃくやく)は大きく咲いて重く垂れどうすることもできぬ花時 短歌の創り方などというハウツウの立場からは、「大きく咲いて重く垂れ」などは、表…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/5/31 あるきだす言葉たち 半袖の人長袖の人  小林 真代(こばやし まさよ)         そら豆のさやを剥(む)きつつ居間のテレビつければどつと夏場所である なんとも滑らかな調べだ。短歌らしい言い回しがない。「どつと」と「夏場所である…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/3/22 あるきだす言葉たち 春の棘 松岡 秀明(まつおか ひであき)クリニックの診察室に四季はない生花(せいか)と患者の服装以外 患者は、病気を治したくて医師の所へ行く。病気の症状の重い時は、一刻も早く病院へ行きたい。治療のおかげで病が癒え…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/3/22 あるきだす言葉たち 春の棘 松岡 秀明(まつおか ひであき)少しだけ心を病んだ少年に雲の名前をふたつ教わるカステラのザラメの粒が外来の空いた時間に読点をうつ<歌の感想> 二首ともに日常の出来事が切り取られている。特に「カステラの」の…
>>続きを読む