万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。 私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

カテゴリ: 万葉集巻三

万葉集 巻三 259

何時の間も 神さびけるか 香具山の 鉾杉が末に こけ生すまでに
いつのまも かんさびけるか かぐやまの ほこすぎがうれに こけむすまでに

<私の想像を加えた歌の意味>
長い年月を経ているのであろう。
香具山の鉾杉の大木。
神がそこにおられるのがわかる。
香具山の鉾杉の梢は、苔むしている。

万葉集 巻三 258 反歌二首(258・269)

人漕がず あらくも著し 潜きする 鴛鴦とたかべと 船の上に住む
ひとこがず あらくもしるし かずきする おしとたかべと ふねのうえにすむ

<私が考えた歌の意味>
池に浮いている船の様子を見れば、漕ぐ人がいなくなったのがはっきりとわかる。
水に潜るオシドリとタカベとが、船の上に長いこととまっている。

<私の想像を加えた歌の意味>
池の船は、長い間、漕ぐ人もなく、うち捨てられていたのだ。
船の上には、オシドリとタカベが、まるで住んでいるようにとまっている。
大宮人が華やかに遊んだ船は、今は、使われることもなく、水鳥の棲み処になってしまった。

万葉集 巻三 257 鴨君足人(かものきみたるひと)の香具山の歌一首

天降りつく 天の香具山 霞立つ 春に至れば
あもりつく あめのかぐやま かすみたつ はるにいたれば

松風に 池波立ちて 桜花 木の暗茂に
まつかぜに いけなみたちて さくらばな このくれしげに

沖辺には 鴨つま呼ばひ 辺つへに あぢむら騒き
おきへには かもつまよばい へつへに あじむらさわき

ももしきの 大宮人の まかり出て 遊ぶ舟には
ももしきの おおみやひとの まかりでて あそぶふねには

梶棹も なくてさぶしも 漕ぐ人なしに
かじさおも なくてさぶしも こぐひとなしに 

<私の想像を加えた歌の意味>
香具山に、春に来て景色を眺めた。
香具山の麓の池では、松の木を渡って風が吹き、池の面に波が立っている。
池のまわりには木暗いほどに桜の木が茂り、盛んに花を咲かせている。
池の沖では鴨が妻を呼び、岸の方ではあじ鴨の群れが騒いでいる。
いかにも明るい春の景色であり、昔の都にふさわしい華やかさだ。
それなのに、昔の大宮人が遊んだ舟は、梶も棹もなく、漕ぐ人もいない。
やはり、ここに昔の都の賑わいを求めることはできない。

万葉集 巻三 256 

飼飯の海の 庭良くあらし 刈薦の 乱れて出る 見ゆ海人の釣船
けいのうみの にわよくあらし かりこもの みだれていずみゆ あまのつりぶね

<私が考えた歌の意味>
飼飯の海に、漁師たちの釣船が、入り乱れるように漕ぎ出ていく。
ここ飼飯の海は波も凪いで、魚がたくさん採れているようだ。
この海の豊かさが、旅の途上の私にもよくわかる。

万葉集 巻三 255

天離る 鄙の長道ゆ 恋ひ来れば 明石の門より 大和島見ゆ
あまざかる ひなのながじゆ こいくれば あかしのとより やまとしまみゆ 

<私の想像を加えた歌の意味>
都からはるばる離れた辺境の地に赴かざるをえなかった。
華やかさも心をなぐさめるものもないこの地方から、ようやく都、大和に戻れることになった。
大和を目指して、旅を続けるが、なかなか大和は近づかない。
長い道すがら、大和への恋しさだけが募る。
明石海峡に入ると、ようやく大和の地が遠くに見えてきた。
恋しい大和の地に近づいたことがなんともうれしい。

万葉集 巻三 254

灯火の 明石大門に 入らむ日や 漕ぎ別れなむ 家のあたり見ず
ともしびの あかしおおとに いらんひや こぎわかれなん いえのあたりみず

<私の想像を加えた歌の意味>
私たちの乗る船が、明石海峡に近づいてくる。
明石海峡を過ぎると、もう都とは異なる地にすっかり入ったことになる。
明石海峡に入ってしまえば、家のある方を見ることもできなくなる。
明石海峡に入るときには、これが最後だからと家の辺りを見ることもしないうちに、船は進んでしまうのだろう。

万葉集 巻三 202

稲日野も 行き過ぎかても 思へれば 心恋しき 加古の島見ゆ
いなびのも ゆきすぎかてに おもえれば こころこいしき かこのしまみゆ

<私が考えた歌の意味>
稲日野の景色がよくて、通り過ぎるのを残念に思っている。
稲日野を過ぎ去るのを惜しく思いながらも旅を続けていると、今度は加古の島が見えて来た。
前から訪れるのを楽しみにしていた加古の島に近づいた。

万葉集 巻三 202

荒たへの 藤江の浦に すずき釣る 海人とか見らむ 旅行くわれを
あらたえの ふじえのうらに すずきつる あまとかみらん たびゆくわれを

<私の想像を加えた歌の意味>
苦労を重ねて、ここまで海路を旅して来た。
都からは遠く離れた藤江の入江が見える。
だが、この旅の苦労と都を恋しく思う気持ちは、傍からはわからないだろう。
この私のことを、この地の人々は、すずきを釣る漁師と見ているかもしれない。

万葉集 巻三 251 柿本朝臣人麻呂の旅の歌八首(249~256)

淡路の 野島の崎の 浜風に 妹が結びし 紐吹き返す
あわじの のしまのさきの はまかぜに いもがむすびし ひもふきかえす

<私が考えた歌の意味>
淡路の野島の岬に浜風が吹く。
吹き寄せる浜風に私の着物の紐が吹き返される。
旅立つときに、妻が結んでくれた紐が吹き返される。

<私の想像を加えた歌の意味>
着物の紐が風に吹かれなびく。
ここは、淡路の野島の岬。
長い旅を経て、ここまでやってきた。
淡路の野島に吹く浜風は強い。
旅立ちの折に、無事を祈って妻が結んでくれた紐が浜風に吹き返される。
はるか離れている妻のことを思う。
妻も私のことを思っているだろう。
ここは、淡路の野島の岬。

万葉集 巻三 250 柿本朝臣人麻呂の旅の歌八首(249~256)

玉藻刈る 敏馬を過ぎて 夏草の 野島の崎に 舟近付きね
たまもかる みぬめをすぎて なつくさの のしまのさきに ふねちかづきぬ

<私が考えた歌の意味>
敏馬の海岸では海人たちが海藻を採集している。
その敏馬を過ぎて舟は進む。
夏草が茂っている野島の崎が見えてきた。
その野島の崎に舟が近づいていた。

<私の想像を加えた歌の意味>
舟は、敏馬の辺りに差しかかった。
ここ、敏馬は、立派な海藻が採れる海岸と聞いているが、聞いていた通り豊かな海に見える。
海は穏やかで、舟は順調に進む。
岬が見えてきた。
夏草で青々とした岬だ。
あれは、野島の崎にちがいない。
舟は、もう野島の崎に近づいた。

万葉集 巻三 249 柿本朝臣人麻呂の旅の歌八首(249~256)
御津の崎 波を恐み 隠り江の 舟公宣奴嶋尓

 
歌の第四句以下は、現在に至るまで解読不可能 (新日本古典文学大系 萬葉集 岩波書店)
とされている。
 題詞については、
「羇旅の歌八首」は、瀬戸内海の旅の歌である。摂津国・播磨国と淡路島西海岸の地名が多く詠まれているが、配列の順序については明解を得ない。
と解説されている。(新日本古典文学大系 萬葉集 岩波書店)

万葉集 巻三 248 また長田王が作った歌一首

隼人の 薩摩の瀬戸を 雲居なす 遠くもわれは 今日見つるかも
はやひとの さつまのせとを くもいなす とおくもわれは きょうみつるかも

<私が考えた歌の意味>
隼人の住む薩摩の瀬戸が遠くに見える。
まだはるかかなたの雲を見るように遠くではあるが、あれは薩摩の国だ。
今日、薩摩の国が見える所まで、はるばるたどり着いたのだ。

万葉集 巻三 247 石川大夫(いしかわのだいぶ)が唱和した歌一首

沖つ波 辺波立つとも 我が背子が み船の泊まり 波立ためやも
おきつなみ へなみたつとも わがせこが みふねのとまり なみたためやも

<私の想像を加えた歌の意味>
沖の方には波が立っているようです。
岸辺にも波が立っています。
でも、御心配はいりません。
あなたのお船の進む航路にも、到着する港にも波の立つことはありません。
あなたの船旅の無事を信じています。

万葉集 巻三 246 長田王(ながたのおおきみ)が筑紫に遣わされ、水島に渡る時の歌二首(245・246)

芦北の 野坂の浦ゆ 船出して 水島に行かむ 波立つなゆめ
あしきたの のさかのうらゆ ふなでして みずしまにいかん なみたつなゆめ

<私の想像を加えた歌の意味>
今回の長旅はここまで無事であった。
水島の神々しい雰囲気も感じられるようになってきた。
さあ、これから船出する。
船出するのは、芦北の野坂の湾。
あとは水島に到着を待つばかり。
水島までの船旅は、波が荒くなるようなことが決してないことを願う。

万葉集 巻三 245 長田王(ながたのおおきみ)が筑紫に遣わされ、水島に渡る時の歌二首

聞きしごと まことに貴く 奇しくも 神さびをるか これの水島
ききしごと まことにとうとく くすしくも かんさびおるか これのみずしま

<私の想像を加えた歌の意味>
水島が見えてきた。
なんと神々しい所だ。
今までいろいろと聞いていた通りに貴い雰囲気が漂っている。

<歌の感想>
 作者の感動は強くないような気がする。水島という地を褒め上げなければならないような事情の下に詠んだ短歌と感じる。

↑このページのトップヘ