万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

カテゴリ: 万葉集巻三

万葉集 巻三 241 或る本の反歌一首大君は 神にしいませば 真木の立つ 荒山中に 海をなすかもおおきみは かみにしいませば まきのたつ あらやまなかに うみをなすかも<私の想像を加えた歌の意味>皇子様が、大木の生い茂っている山の中に、海のように大きな池を作…
>>続きを読む

万葉集 巻三 240 反歌一首  長皇子(ながのみこ)が猟路の池に狩猟に行かれた時、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌(239 240)ひさかたの 天行く月を 網に刺し 我が大君は 蓋にせりひさかたの あまゆくつきを あみにさし わがおおきみは きぬがさにせり<私…
>>続きを読む

万葉集 巻三 239 長皇子(ながのみこ)が猟路の池に狩猟に行かれた時、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌やすみしし わが大君 高光る わが日の皇子の やすみしし わがおおきみ たかひかる わがひのみこの馬並めて み狩立たせる 若薦を 猟路の小野にうまなめて…
>>続きを読む

巻三 238 長忌寸意吉麻呂(ながのいみきおきまろ)が天皇の仰せに答え奉った歌一首大宮の 内まで聞こゆ 網引すと 網子ととのふる 海人の呼び声おおみやの うちまできこゆ あびきすと あごととのうる あまのよびごえ<私の想像を加えた歌の意味>宮殿の奥まった部屋…
>>続きを読む

巻三 237 志斐の嫗が答え奉った歌否と言へど 語れ語れと 詔らせこそ 志斐いは奏せ 強ひ語りと言ふいなといえど かたれかたれと のらせこそ しいいはまおせ しいかたりという<私が考えた歌の意味>私は、いやですと言うのに、語ってと何度も仰せになるので、志甲の…
>>続きを読む

巻三 236 天皇が志斐の嫗に遣わされた御歌一首否と言へど 強ふる志斐のが 強ひ語り このころ聞かずて 朕恋ひにけりいなといえど しうるしいのが しいかたり このころきかずて あれこいにけり<私の想像を加えた歌の意味>何回も聞かされて、もう聞くのも飽きてしま…
>>続きを読む

万葉集 巻三 235 天皇が雷岳にお出ましの時、柿本朝臣麻呂が作った歌大君は 神にしいませば 天雲の 雷の上に 庵りせるかもおおきみは かみしいませば あまくもの いかずちのうえに いおりせるかも<私が考えた歌の意味>天皇様は、雷岳でお泊りになられる。天皇様…
>>続きを読む

巻三 401大伴坂上郎女、親族を宴する日に吟ふ歌一首おおともさかのうえのいらつめ、うがらをえんするひにうたううたいっしゅ山守りが ありける知らに その山に 標結ひ立てて 結ひの恥しつ    やまもりが ありけるしらに そのやまに ゆいゆいたてて ゆいのはじし…
>>続きを読む

木綿畳手に取り持ちてかくだにもわれは祈ひなむ君に逢はじかも大伴坂上郎女ゆうだたみ てにとりもちて かくだにも われはこいなん きみにあわじかもおおとものさかのうえのいらつめ気持ちを集中させてこんなにも一心不乱にお祈りをしています。天候の順調を願い、作物の…
>>続きを読む