万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

カテゴリ: 万葉集巻三

巻三 401

大伴坂上郎女、親族を宴する日に吟ふ歌一首
おおともさかのうえのいらつめ、うがらをえんするひにうたううたいっしゅ

山守りが ありける知らに その山に 標結ひ立てて 結ひの恥しつ    
やまもりが ありけるしらに そのやまに ゆいゆいたてて ゆいのはじしつ    



 万葉集の特徴は、素朴で力強く、技巧や理屈にはしらない歌風と思い込んできた。
 だが、そうではない歌も数多い。そして、定型的で儀礼的なやりとりに終始している作品からも、かえってその作者の生き生きとした姿が浮かんでくるように思う。
 401の作も歌をやり取りした相手との関係や、前後の事情を調べた解説を併せて読むと、次のように感じられる。

あの山がもう別の人の所有になっていて、山の管理人さえ置いていたことをちっとも知りませんでした。
知らぬこととはいいながら、私が先に見つけたと思い込んで、私有地という印をつけてしまいました。
先走って、よく調べもしないで、ああ、なんて恥ずかしいことをしてしまったのかしら。

 この作には、次のような背景があるということだ。

私の娘の婿には、あの人がよいと勝手に決めて、そのための準備をいろいろと始めました。
ところが、よくよく聞いてみると、あの男性にはもう愛人がいて、そのことは世間ではよく知られたことというじゃありませんか。
あの人を娘の夫になどと、他の人にも言ってしまい、本当に先走って、恥ずかしいたらありません。

 娘の結婚相手を、見誤っていることを、周囲の人は教えてくれなかったのであろう。その男に既に愛人がいたことを偶然耳にした作者は、恥ずかしいというよりも腹の立つ思いだった。その恥ずかしさや腹立ちを、宴会の席でさらりと歌にして、周囲に示した。
 この歌を見た人たちは、あれっ、こんなことがあったのか、とはじめは不審な顔をした。だが、ああこれは、あのことだな、とだんだんに気づきはじめた。「結ひの恥」が山のことではなく、娘の結婚相手と見込んでいた男のことであろうとわかってくる。そうすると、その場の人々は、彼女の歌の巧さを褒める雰囲気になった。そういう様子が想像できる。
 身分が高く、教養も権力もある作者が、自分の恥をさらしつつ、面目を取り戻した気持ちになっているのを感じる。



巻三 402

大伴宿禰駿河麻呂の即和ふる歌一首
おおとものすくねするがまろのすなわちこたうるうたいっしゅ

山守りは けだしありとも 我妹子が 結ひけむ標を 人解かめやも
やまもりは けだしありとも わぎもこが ゆいけんしめを ひととかめやも 


たとえ他人の所有で管理人を置いていたとしても、あなたがつけさせた私有地の印を、外す人がいるでしょうか。
後から印をつけた方が大伴坂上郎女様と知れば、前の持ち主はそこを明け渡すにきまっていますよ。

 この作も解説を参考にすると、娘の婿にと見込まれていた本人の作だとする説もある。そうなると、当然に結婚の相手についての話になり、いろいろな想像ができそうである。
 原文からは離れてしまうが、なかなかに複雑で裏のある事柄が歌によって表現されている。

※解釈、解説は諸説ある。私は、自分にとって分かりよいものを参考にしている。

木綿畳手に取り持ちてかくだにもわれは祈ひなむ君に逢はじかも
大伴坂上郎女

ゆうだたみ てにとりもちて かくだにも われはこいなん きみにあわじかも
おおとものさかのうえのいらつめ


気持ちを集中させてこんなにも一心不乱にお祈りをしています。
天候の順調を願い、作物の豊作を願い、一族の繁栄を願い、あらゆることがうまくいくように全身全霊で祈りました。
でも、そんなにすべてがうまくいくものでしょうか。
だいたい、私にふさわしい男性が現れてほしいという、私一人の願いさえ叶いそうもありませんから。

※私の勝手な受け取り方です。しばらく、万葉集で最も多くの歌を残している女性である大伴坂上郎女の作品を読んでみます。

↑このページのトップヘ