万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

カテゴリ: 万葉集巻二

万葉集 巻二 149 天皇が崩御された、皇后が作られた歌一首人はよし 思ひやむとも 玉かづら 影に見えつつ 忘らえぬかもひとはよし おもいやむとも たまかづら かげにみえつつ わすれえぬかも<私の想像を加えた歌の意味>今は、本当に多くの人々が亡き天皇を慕って…
>>続きを読む

万葉集 巻二 148 一書に、近江天皇が御病気で危篤に陥られた時に、皇后が奉ったという御歌一首青旗の 木幡の上を 通ふとは 目には見れども ただに逢はぬかもあおはたの こはたのうえを かようとは めにはみれども ただにあわぬかも<私の想像を加えた歌の意味>木…
>>続きを読む

万葉集 巻二 147 天皇がご病気の時に、皇后が奉った御歌一首天の原 振り放け見れば 大君の 御寿は長く 天足らしたりあまのはら ふりさけみれば おおきみの みいのちはながく あまたらしたり<私が考えた歌の意味>大空を振り仰いで見ますと、大君の魂を確かに感じ…
>>続きを読む

万葉集 巻二 146  大宝元年(701)、紀伊の国に行幸があった時、結び松を見て作った一首 柿本朝臣人麻呂歌集の中に出ている146のち見むと 君が結べる 岩代の 小松がうれに また見けむかものちみんと きみがむすべる いわしろの こまつがうれに またみけんかも<…
>>続きを読む

万葉集 巻二 145 山上臣憶良が後から唱和した歌一首翼なす あり通ひつつ 見らめども 人こそ知らね 松は知るらむつばさなす ありがよいつつ みらめども ひとこそしらね まつはしるらんか<私が考えた歌の意味>亡くなったあのお方の魂は鳥のように空を行き来して、…
>>続きを読む

万葉集 巻二 143 144 長忌寸意吉麻呂(ながのいみきおきまろ)が結び松を見て悲しみ咽(むせ)んで作った歌二首143岩代の 崖の松が枝 結びけむ 人はかへりて また見けむかもいわしろの きしのまつがえ むすびけん ひとはかえりて またみけんかも144岩代の 野中…
>>続きを読む

万葉集 巻二 141 142 有間皇子が自ら悲しんで松の枝を結んだ時の歌二首141岩代の 浜松が枝を 引き結び ま幸くあらば またかへりみむいわしろの はままつがえを ひきむすび まさきくあらば またかえりみん142家にあれば 笥に盛る飯を 草まくら 旅にしあれば …
>>続きを読む

140 柿本朝臣人麻呂の妻、依羅娘子(よさみのおとめ)が人麻呂と別れた時の歌一首 な思ひと 君は言へども 逢はむ時 いつと知りてか 我が恋ざらむなおもいと きみはいえども あわんとき いつとしりてか あがこいざらん<私が考えた歌の意味>思うなとあなたは言いま…
>>続きを読む

万葉集 巻二 138 139 140 或る本の歌一首と短歌138石見の海 津の浦をなみ 浦なしと 人こそ見らめいわみのうみ つのうらをなみ うらなしと ひとこそみらめ潟なしと 人こそ見らめ よしゑやし 浦はなくとも よしゑやし 潟はなくとも かたなしと ひとこそみら…
>>続きを読む

※ 以前の記事 を改めた。万葉集 巻二 135 136 137 柿本朝臣人麻呂が石見の国から妻と別れて上京して来た時の歌二首と短歌(131~137)  135つのさはふ 石見の海の 言さへく 辛の崎なるつのさわう いわみのうみの ことさえく からのさきなるいくりにそ 深海松…
>>続きを読む

※ 以前の記事  を改めた。万葉集 巻二 131 132 133 柿本朝臣人麻呂が石見の国から妻と別れて上京して来た時の歌二首と短歌(131~137)131石見の海 角の浦廻を 浦なしと 人こそ見らめいわみのうみ つののうらみを うらなしと ひとこそみらめ潟なしと 人こそ見…
>>続きを読む

万葉集 巻二 130 長皇子(ながのみこ)が弟の皇子に与えた御歌一首丹生の川 瀬は渡らずて ゆくゆくと 恋痛し我が背 いで通ひ来ねにうのかわ せはわたらずて ゆくゆくと こいいたしわがせ いでかよいこね<私の想像を加えた歌の意味>さまざまな障害があり、心はた…
>>続きを読む

万葉集 巻二 129 大津皇子の宮の侍女だった石川郎女が、大伴宿祢宿奈麻呂(おおとものすくねすくなまろ)に贈った歌一首129 古りにし 嫗にしてや かくばかり 恋に沈まむ 手童のごとふりにし おみなにしてや かくばかり こいにしずまん たわらわのごと<私が考え…
>>続きを読む

万葉集 巻二 126 127 128 126 石川女郎(いしかわのいらつめ)が大伴宿祢田主(おおともすくねたぬし)に贈りし歌一首みやびをと 我は聞けるや やど貸さず 我を帰せり おそのみやびをみやびおと われはきけるや やどかさず われをけせり おそのみやびを127 大…
>>続きを読む

万葉集 巻二 123 124 125 三方沙弥(みかたのさみ)が園臣生羽(そののおみいくは)の娘を娶って、まだそれほど月日を経ないのに、病気で臥せって作った歌三首123 三方沙弥(みかたのさみ)たけばぬれ たかねば長き 妹が髪 このころ見ぬに 掻き入れつらむかたけば…
>>続きを読む

万葉集 巻二 119 120 121 122 弓削皇子(ゆげのみこ)が紀皇女(きのひめみこ)を思って作った御歌四首119吉野川 行く瀬の早み しましくも 淀むことなく ありこせぬかもよしのがわ ゆくせをはやみ しましくも よどむことなく ありこせぬかも120我妹子に 恋つ…
>>続きを読む

万葉集 巻二 117 118117 舎人皇子の御歌一首ますらをや 片恋せむと 嘆けども 醜のますらを なほ恋ひにけりますらおや かたこいせんと なげけども しこのますらお なおこいにけり118 舎人娘子(とねりのおとめ)が和し奉った歌一首嘆きつつ ますらをのこの 恋…
>>続きを読む