万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

カテゴリ: 万葉集巻二

万葉集 巻二 219 吉備津采女が死んだ時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌 (217~219)※以前の記事を改めた。 そら数ふ 大津の児が 逢ひし日に 凡に見しくは 今ぞ悔しきそらかぞう おおつのこらが あいしひに おおにみしくは いまぞくやしき<私の想像を…
>>続きを読む

万葉集 巻二 218 吉備津采女が死んだ時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌 (217~219)※以前の記事を改めた。楽浪の 志賀津の児らが 罷り道の 川瀨の道を 見ればさぶしもささなみの しがつのこらが まかりじの かわせのみちを みればさぶしも<私の想像を…
>>続きを読む

万葉集 巻二 217 吉備津采女が死んだ時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌 (217~219)※以前の記事を改めた。秋山の したへる妹 なよ竹の とをよる児らはあきやまの したえるいも なよたけの とおよるこらはいかさまに 思ひ居れか 拷縄の 長き命をいかさ…
>>続きを読む

万葉集 巻二 216 或る本の歌に言う (213~216)※以前の記事を改めた。家に来て 我が屋を見れば 玉床の 外に向きけり 妹が木枕いえにきて わがやをみれば たまどこの よそにむきけり いもがこまくら<私が考えた歌の意味>なきがらを葬って家に戻った。家の中を…
>>続きを読む

万葉集 巻二 214 或る本の歌に言う (213~216)去年見てし 秋の月夜は 渡れども 相見し妹は いや年離るこぞみてし あきのつくよは わたれども あいみしいもは いやとしさかる<私の想像を加えた歌の意味>亡き妻の姿がだんだんに薄れていく。時の流れは変化がな…
>>続きを読む

万葉集 巻二 212 或る本の歌に言う (213~216)うつそみと 思ひし時に たづさわり 我が二人見しうつそみと おもいしときに たづさわり わがふたりみし出で立ちの 百枝槻の木 こちごちに 枝させるごといでたちの ももえつきのき こちごちに えださせるごと春…
>>続きを読む

万葉集 巻二 212 柿本朝臣人麻呂が、妻が死んだ後に、泣き悲しんで作った歌二首と短歌(207~212) ※以前の記事を改めた。衾道を 引手の山に 妹を置きて 山道を行けば 生けりともなしふすまじを ひきでのやまに いもをおきて やまぢをいけば いけりともなし<私…
>>続きを読む

万葉集 巻二 211 柿本朝臣人麻呂が、妻が死んだ後に、泣き悲しんで作った歌二首と短歌(207~212) ※以前の記事を改めた。去年見てし 秋の月夜は 照らせれど 相見し妹は いや年離るこぞみてし あきのつくよは てらせれど あいみしいもは いやとしさかる<私が考…
>>続きを読む

万葉集 巻二 210 柿本朝臣人麻呂が、妻が死んだ後に、泣き悲しんで作った歌二首と短歌(207~212)※以前の記事を改めた。 うつせみと 思ひし時に 取り持ちて 我が二人見しうつせみと おもいしときに とりもちて わがふたりみし走り出の 堤に立てる 槻の木の こ…
>>続きを読む

万葉集 巻二 209 柿本朝臣人麻呂が、妻が死んだ後に、泣き悲しんで作った歌二首と短歌(207~212)※以前の記事① 以前の記事②を改めた。もみち葉の 散り行くなへに 玉梓の 使ひを見れば 逢ひし日思ほゆもみちばの ちりゆくなえに たまづさの つかいをみれば あ…
>>続きを読む

万葉集 巻二 208 柿本朝臣人麻呂が、妻が死んだ後に、泣き悲しんで作った歌二首と短歌(207~212)※以前の記事を改めた。秋山の 黄葉を繁み 惑ひぬる 妹を求めむ 山道知らずもあきやまの もみじをしげみ まどいぬる いもをもとめん やまじしらずも<私が考えた歌…
>>続きを読む

万葉集 巻二 207 柿本朝臣人麻呂が、妻が死んだ後に、泣き悲しんで作った歌二首と短歌(207~212)※以前の記事を改めた。天飛ぶや 軽の道は 我妹子が 里にしあればあまとぶや かるのみちは わぎもこが さとにしあれば ねもころに 見まく欲しけど やまず行かば …
>>続きを読む

万葉集 巻二 206 万葉集 巻二 205 弓削皇子(ゆげのみこ)が亡くなった時に、置始東人(おきそめのあずまと)が作った歌一首 併せて短歌(204 205 206)楽浪の 志賀さざれ波 しくしくに 常にと君が 思ほえたりけるささなみの しがのさざれなみ しくしくに つ…
>>続きを読む

万葉集 巻二 205 弓削皇子(ゆげのみこ)が亡くなった時に、置始東人(おきそめのあずまと)が作った歌一首 併せて短歌(204 205 206)大君は 神にしませば 天雲の 五百重の下に 隠りたまひぬおおきみは かみしませば あまぐもの いおえのしたに かくりたまい…
>>続きを読む

万葉集 巻二 204 弓削皇子(ゆげのみこ)が亡くなった時に、置始東人(おきそめのあずまと)が作った歌一首 併せて短歌(204 205 206)やすみしし 我が大君 高光る 日の皇子やすみしし わがおおきみ たかひかる ひのみこひさかたの 天の宮に 神ながら 神とい…
>>続きを読む

万葉集 巻二 203 但馬皇女(たじまのひめみこ)が亡くなった後、穂積皇子(ほづみのみこ)が、雪の降る冬の日、皇女の御墓を遥かに見やって悲しみ、涙を流して作られた歌一首降る雪は あはにな降りそ 吉隠の 猪養の岡の 寒からまくにふるゆきは あわになふりそ よな…
>>続きを読む

万葉集 巻二 202 ある書の反歌一首泣沢の 神社に御酒据ゑ 祈れども 我が大君は 高日知らしぬなきさわの もりにみわすえ いのれども わがおおきみは たかひしらしぬ<私が考えた歌の意味>泣沢の神社にお酒を供えて、御病気が治るようにお祈りいたしました。祈りは…
>>続きを読む