万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

カテゴリ: 『みだれ髪』与謝野晶子

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

紫に小草(をぐさ)が上に影おちぬ野の春風に髪けづる朝

<私が考えた歌の意味>
野の若草の上に朝日がさまざまな影を落とします。
髪をくしけずる私に春風が吹きます。
若草の上の朝の影は紫色です。

<歌の感想>
 晶子の特徴である独特な色の表現だと感じる。そして、私には意味のとりづらい作品だ。もともと意味云々で味わう短歌ではないのだろう。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

しのび足に君を追ひゆく薄月夜(うすづきよ)右のたもとの文がらおもき

<私が考えた歌の意味>
薄雲の夜空、月がほのかに照らしている。
君のあとをそっと追って行く私。
右のたもとに入れたもう用のなくなった手紙が重い。

<私の想像を加えた歌の意味>
あなたからずっしりと重いほどの恋文をもらっていた。
そのあなたが、他の女を好きになったようだ。
私というものがありながら、あなたは他の女のところへ行く。
尾行して、あなたの行く先を確かめてやる。
薄雲に月の照る夜、あなたからのもう用済みの恋文を右のたもとに入れて、しのび足で尾行する。

<歌の感想>
 「文がら」を「君」からの恋文ととらえた私の想像が成立するなら、怨念の歌だ。だが、その怨念も幻想的な夜の景色と、繊細な感覚としての手紙の重さとに彩られている。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

みだれ髪を京の島田にかへし朝ふしてゐませの君ゆりおこす

<私が考えた歌の意味>
乱れた髪を、京風の島田髷に結い直します。
まだ眠そうな君を揺り起こします。
今朝の新しい髪型を、君に見せたくて。

<歌の感想>
 この一首だけで、二人の関係と、昨夜の間柄のことが思い浮かぶ。そして、何よりも、自分の変化を、「君」に見せたい、「君」にきれいだと言ってもらいたいという作者の気持ちが伝わってくる。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

ふしませとその間さがりし春の宵衣桁にかけし御袖かつぎぬ

<私が考えた歌の意味>
おやすみなさいませ、とそのお部屋を出て来ました。
私の部屋の衣桁には、あなたのお着物が残されています。
あなたのお着物の袖に顔をうずめます。
あなたと別々の部屋に春の宵を過ごします。

<歌の感想>
 「その間」を「その部屋」と解してみた。そうすると、旅の宿で、二つの部屋をとり、その二部屋を行き来する、という様子が浮かんで来る。なんとも「春の宵」にふさわしい。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

ゆるされし朝よそほひのしばらくを君に歌へな山の鶯

<私が考えた歌の意味>
君との朝を許された今朝、私は化粧をしています。
もうしばらくの間、山の鶯よ、歌いなさい。
私の化粧が終わるのを待っている君のために。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

わかき小指胡粉(をゆびごふん)をとくにまどひあり夕ぐれ寒き木蓮の花

<私が考えた歌の意味>
小指で白の顔料をといている。
さまざまにまどう心がわきあがる。
目をあげれば、夕ぐれのなか木蓮の花が咲いている。
白色をとく小指が若々しい。

<私の想像を加えた歌の意味>
純白を塗りたくて、白の顔料をとく。
顔料をとくが、描くことに集中できない。
想いは乱れ、まどう心が押し寄せる。
庭に目をやると、夕ぐれのなか木蓮が咲いている。
白の顔料の残像が木蓮の花の色に重なる。
我に返ると、白をとく小指が若い。
白の顔料も、木蓮の花も、私のまどう心と若い小指も夕闇に浮かぶ。

<歌の感想>
 「わかき小指」の表現が不思議だ。若い人とも、きれいな小指ともとれる。けれど、若さや指の美しさが、歌の焦点ではないと思う。
 年齢や身体の一部分のことではなく、晶子に見えているままという感じがする。そして、この表現は不思議ではあるが、短歌の中ではその場の様子にぴったりとそっていると感じる。

以前の記事を改めた。

なほ許すせ御国(みくに)遠くば夜(よ)の御神(みかみ)紅皿船(べにざらふね)に送りまゐらせむ

<私の想像を加えた歌の意味>
お許しください、夜の神様。
この甘美な夜が長く続きますように。
夜の神様が、お国に戻られると、夜明けが来てしまいます。
お帰りに困らぬように、私の紅を入れる皿のお船でお送りいたしますから。
どうぞ、もう少し、夜のままにいさせてください。

<歌の感想>
 恋の相手を、「夜の神」と表現したととらえたが、「恋人」の存在も含めて、もっと多様に「恋人と過ごす夜」全体ととらえた方が「紅皿船」の表現に似つかわしいと思う。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

美しき命を惜しと神のいひぬ願ひのそれは果たしてし今

<私が考えた歌の意味>
美しい命が惜しいと神がいった。
願いが叶った今。
命と引きかえにかなえてほしいと頼んだ願いが叶った今なのに。

<私の想像を加えた歌の意味>
命はいらない、命のかわりに願いを叶えて、と祈りました。
その願いが叶いました。
その願いが叶ったのに、生きています。
神は、私の命を奪うには惜しいといいました。
神は、私の命よりも大切な願いを叶え、その上、私の命を奪わずに美しいといいました。

<歌の感想>与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

今ここにかへりみすればわがなさけ闇(やみ)をおそれぬめしひに似たり

<私の想像を加えた歌の意味>
われに返ってみると、私はまるで盲目の人でした。
あの人に恋い焦がれて、なにもみえなくなっていました。
私の気持ちは、恋に焦がれて、他のことはすべて闇の中でした。

<歌の感想>
 「今ここにかへりみすれば」は、晶子にしては珍しい。激しい恋の表現の裏には、自分の行為と想いを冷静に見返す晶子がいるのかもしれない。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

狂ひの子われに焔(ほのほ)の翅(はね)かろき百三十里あわただしの旅

<私が考えた歌の意味>
恋に夢中の私には、炎の羽があるのです。
恋のために百三十里を軽い軽い羽で飛び越えます。
一瞬にして、貴方のもとへ参ります。

<私の想像を加えた歌の意味>
貴方が遠くにいようとも、恋する私にはなんの妨げにもなりません。
貴方との距離など、私の恋の羽で軽々と飛び越えてしまいます。
私の炎の想いは、貴方の元への旅を一瞬にしてしまいます。
たとえ、それが百三十里あろうとも。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

なほ許すせ御国(みくに)遠くば夜(よ)の御神(みかみ)紅皿船(べにざらふね)に送りまゐらせむ

<私が考えた歌の意味>
お国から遠く離れていることを、なお許してください。
私の夜の神様、まだお国に戻らないでください。
お戻りのときは、私の紅の皿のお船でお送りしましょう。

<私の想像を加えた歌の意味>
まだ帰らないでください。
一緒の夜を過ごした貴方。
いつかは、帰っていかれます。
でも、私の恋心がそれを許しません。
もっと私と一緒にいましょう。
ときが来れば、この紅の皿がお船となって貴方をお家までお送りしますから。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

御袖(みそで)くくりかへりますかの薄闇(うすやみ)の欄干(おばしま)夏の加茂川の神

<私の想像を加えた歌の意味>
今宵一緒に過ごしたいのに、あなたは、帰ってしまいます。
そでをまくった姿で、薄闇の加茂川の橋を渡って行ってしまいます。
夏の加茂川の欄干に夕闇が迫ります。
帰ってしまうあなたの姿を眼で追っています。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

額(ぬか)ごしに暁(あけ)の月みる加茂川の浅水色(あさみづいろ)のみだれ藻染(もぞめ)よ

<私が考えた歌の意味>
上向いて、明け方の月を見る。
目を移すと加茂川の川面は薄い水色。
水面に藻が乱れて模様となり、その模様が薄い水色に染められていく。

<歌の感想>
 晶子の視点は、次々と移っていく。どこに注目しているというのではなく、この光景全体から感じられるものを描いている。光景そのものよりも、その場を覆うような「浅水色」が強く印象に残る。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

悔いますなおさへし袖に折れし剣(つるぎ)つひの理想(おもひ)の花に棘あらじ

<私が考えた歌の意味>
押さえた袖には折れた剣が入っていますね。
剣が折れたことを後悔しないでください。
最終の理想の花には、棘はありません。
剣で戦うことなど理想ではありません。

<私の想像を加えた歌の意味>
剣の力はいりません。
論争に敗れたことを後悔することなど無用ですよ。
だって、戦って相手を打ち負かすことは理想ではありませんから。
高貴な花には、棘はありませんから。

<歌の感想>
 相変わらず、晶子の歌の意味は分からない。こういう意味を込めているのであろうか。自信がない。
 チョコレート語訳 みだれ髪 俵万智は、次のように訳している。
「君の剣折れたことなど悔いますな我らの理想の花に棘なし」

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

誰ぞ夕(ゆふべ)ひがし生駒(いこま)の山の上のまよひの雲にこの子うらなへ

<私が考えた歌の意味>
この子の将来を占ってくれる人、誰かいませんか。
ひがし生駒の山が暮れていきます。
夕空の山の上に、雲が乱れて動いていきます。
雲のどれかでいいのです。
この子の将来を占ってください。

<私の想像を加えた歌の意味>
ひがし生駒の山の上を、雲が乱れて流れます。
夕空に浮く雲は、次々に形を変えながら動いていきます。
乱れ流れる雲よ、私の恋が成就するかどうか、教えてください。

<歌の感想>
 晶子の思いの強さを感じる。夕方の山の上の乱れ雲の情景を見て、この発想ができるのはいかにも晶子だ。だからこそ、「この子」は晶子であり、うらなうのは恋の行方と受け取れる。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

水に餓ゑて森をさまよふ子羊のそのまなざしに似たらずや君

<私が考えた歌の意味>
水に餓えて、森をさ迷っている子羊のそのまなざしに似ているのです。
あなたを見る私のまなざしが。

<歌の感想>
 『みだれ髪』の短歌は、作者から「君」への思いを描くことが、内容上の定型となっている。文法的な語順を云々しても意味は薄いと思う。
 そうとらえると、この作の場合も、「君」に恋している作者の位置がはっきりしてくる。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

春の夜の闇(やみ)の中くるあまき風しばしかの子が髪に吹かざれ

<私が考えた歌の意味>
春の夜、あまい香りの風が吹いてくる。
あの娘の髪にあまい香りを漂わせないで。
あの娘には、春の夜の闇はまだ早いので。

<歌の感想>
 チョコレート語訳 みだれ髪 俵万智が歌の意味と雰囲気を伝えている。「春の夜の闇から吹く甘き風は恋そそのかす気をつけなさい」
 「かの子の髪」とは、誰のどんな姿かを具体的なイメージとしてもっても、この作を味わうことはできない。春の夜の作者の思いを感じるのが、大切と思う。

↑このページのトップヘ