万葉集のかたわらにキーボード

万葉集を中心に、古典から近代まで和歌、短歌を気の向くままに読んでいます。記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

カテゴリ: 山家集 西行

西行 山家集 上巻 春 45 7026春雨の 軒たれこむる つれづれに 人に知られぬ 人の住家かはるさめの のきたれこむる つれづれに ひとにしられぬ ひとのすみかか<私が考えた歌の意味>春雨が降り続き、軒からの雨だれがすだれのようだ。こうやって、何をするとい…
>>続きを読む

西行 山家集 上巻 春 44 7025なにとなく のきなつかしき 梅ゆゑに 住みけん人の 心をぞ知るなにとなく のきなつかしき むめゆえに すみけんひとの こころをぞしる<私が考えた歌の意味>軒の梅の香りがしてきた。香りとともに、なんとなく昔のことが思い出され…
>>続きを読む

西行 山家集 上巻 春 43 7024ひとり寝る 草の枕の 移り香は 垣根の梅の 匂いなりけりひとりぬる くさのまくらの うつりがは かきねのむめの においなりけり<私が考えた歌の意味>床を共にした人の残した香りが移り香です。旅の独り寝の移り香は、垣根の梅の香…
>>続きを読む

山家集 上巻 春 42 7023つくりおきし 苔のふすまに うぐひすは 身にしむ梅の 香や匂うらんつくりおきし こけのふすまに うぐいすは みにしむうめの かやにおうらん<私が考えた歌の意味>うぐいすは、梅の香りを身にしみ込ませて巣に戻る。作っておいたうぐいす…
>>続きを読む

西行 山家集 上巻 春 41 7022梅が香に たぐへて聞けば 鶯の 聲なつかしき 春の山里うめがかに たぐえてきけば うぐいすの こえなつかしき はるのやまざと<私が考えた歌の意味>梅の香りと一緒に鶯の声を聞く。うぐいすの鳴き声が一段と心に沁みる春の山里だ。…
>>続きを読む

西行 山家集 上巻 春 40 7021柴のいほに とくとく梅の 匂いきて やさしき方も ある住家哉しばのいおに とくとくうめの においきて やさしきかたも あるすみかかな<私が考えた歌の意味>柴で屋根を葺いた粗末な家なのに、早々と梅の香りがしてくる。風流な趣の…
>>続きを読む

西行 山家集 上巻 春 39 7020梅が香を 谷ふところに 吹きためて 入りこん人に しめよ春風うめがかを たにふところに ふきためて いりこんひとに しめよはるかぜ<私が考えた歌の意味>春風よ、梅の香りを谷中に吹き広げてくれ。その風で、この谷を訪れてくれる…
>>続きを読む

山家集 上巻 春 38 7019主いかに 風わたるとて いとふらん 餘所にうれしき 梅の匂をぬしいかに かぜわたるとて いとうらん よそにうれしき うめのにおいを<私が考えた歌の意味>隣の僧坊の主人は、梅が散ってしまうと風が吹くのをどうして嫌うのか。隣に住む私…
>>続きを読む

山家集 上巻 春 37 7018この春は 賤が垣根に ふればひて 梅が香とめん 人親しまんこのはるは しずがかきねに ふればいて うめがかとめん ひとしたしまん<口語訳>この春は、梅の香りを求めて、我が家の粗末な垣根に近寄って来た人と親しくなろう。<意訳>ただ…
>>続きを読む

山家集 上巻 春 36 7016心せん しづが垣根の 梅はあやな 由なくすぐる 人とどめけりこころせん しずがかきねの うめはあやな よしなくすぐる ひととどめけり<口語訳>気にしておこう。家の粗末な垣根の梅の花は不思議だ。ただ通りかかっただけの人を立ち止まら…
>>続きを読む

山家集 上巻 春 35 7016香をとめん 人こそ待て 山里の 垣根の梅の 散らぬかぎりはかをとめん ひとこそまて やまざとの かきねのうめの ちらぬかぎりは<口語訳>梅の花の香りを求めてやってくる人を待っていよう。山里の垣根の梅がすっかり散ってしまうまでは。<…
>>続きを読む

山家集 上巻 春 34 7013片岡に しば移りして なく雉子 たつ羽音とて たかからぬかはかたおかに しばうつりして なくきぎす たつはおととて たかからぬかは<口語訳>岡の斜面をあちこちへ飛び回り雉が鳴いている。雉の羽の音だから高くないわけがない。<意訳>…
>>続きを読む

 同じような題材で、微に入り細に入り春の風物が表現されている。 季節のことを、表現しているのだろうかという疑問がわいてくる。これは、季節を軸にした作者の日常なのではないかと思う。 朝起きてこれをしていたら、このことが気になったということなのではないか。 …
>>続きを読む

山家集 上巻 春 33 7014春の霞 いへたちいでで 行きにけん 雉子たつ野を 焼きてける哉はるのかすみ いえたちいでて ゆきにけん きぎすたつのを やきにけるかな<口語訳>春霞の中出かけて見に行ってみよう。雉の来ている野で野焼きがあったから。<意訳>春の野…
>>続きを読む

山家集 上巻 春 32 7012おひかはる 春の若草 まちわびて 原の枯野に 雉子なくなりおいかわる はるのわかくさ まちわびて はらのかれのに きぎすなくなり<口語訳>若菜が芽吹くのを待ちきれなくて、野原の枯野で雉が鳴いている。<意訳>春がきたが、若菜の芽は…
>>続きを読む

山家集 上巻 春 31 7011もえいづる 若菜あさると 聞ゆなり 雉子なく野の 春の明けぼのもえいずる わかなあさると きこゆなり きぎすなくのの はるのあけぼの<口語訳>萌え出たばかりの若菜をあさって雉が野原で鳴いているようだ。春の曙どきに。<意訳>春の曙…
>>続きを読む

山家集 30 7010春のほどは 我がすむ庵の 友に成りて 古巣な出でそ 谷の鶯<口語訳>谷の鶯よ、春のうちはこの谷の古巣を出ないでくださいよ。私が住む庵のそばに、友としていてくださいね。<意訳>春になり鶯もしきりに鳴いているのに、私の庵には訪れる人もいない。…
>>続きを読む