万葉集のかたわらにキーボード

万葉集を中心に、古典から近代まで和歌、短歌を気の向くままに読んでいます。記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

カテゴリ: 『赤光』斉藤茂吉 

斉藤茂吉『赤光』「おくに」よりあのやうにかい細りつつ死にし汝(な)があはれになりて居りがてぬかもあんなに腕も細くなって、死んでいった。おまえの一生を思うと、たまらない思いが満ちてくる。なきがらの傍にいるにさえ私には耐えらえない。この世にも生きたかりしか一…
>>続きを読む

斉藤茂吉『赤光』「おくに」よりなにか言ひたかりつらむその言(こと)も言へなくなりて汝(なれ)は死にしか何か言いたいことがあったろう。その言葉を言うこともできなくなった。おまえは何かを言い残すこともなく死んでしまった。これの世に好(す)きななんぢに死にゆか…
>>続きを読む