巻二 210

うつせみと 思ひし時に 取り持ちて 我が二人見し
うつせみと おもいしときに とりもちて わがふたりみし

走り出の 堤に立てる 槻の木の こちごちの枝の
はしりでの つつみにたてる つきのきの こちごちのえの

春の葉の しげきがごとく 思へりし 妹にはあれど
はるのはの しげきがごとく おもえりし いもにはあれど

頼めりし 児らにはあれど 世の中を 背きしえねば
たのめりし こらにはあれど よのなかを そむきしえねば

かぎろひの もゆる荒野に 白たへの 天領巾隠り
かぎろいの もゆるあれのに しろたえの あまひれがくり

鳥じもの 朝立ちいまして 入日なす 隠りにしかば
とりじもの あさだちいまして いりひなす かくりにしかば

我妹子が 形見に置ける みどり子の 乞ひ泣くごとに
わぎもこが かたみにおける みどりごの こいなくごとに

取り与ふる ものしなければ 男じもの わきばさみ持ち
とりあたうる ものしなければ おとこじもの わきばさみもち

我妹子と 二人我が寝し 枕づく つま屋のうちに
わぎもこと ふたりわがねし まくらずく つまやのうちに

昼はも うらさび暮らし 夜はも 息づき明かし
ひるはも うらさびくらし よるはも いきづきあかし

嘆けども せむすべ知らに 恋ふれども 逢ふよしをなみ
なげけども せんすべしらに こうれども あうよしをなみ

大鳥の 羽易の山に 我が恋ふる 妹はいますと
おおとりの はがいのやまに わがこうる いもはいますと

人の言へば 岩根さくみて なづみ来し 良けくもそなき
ひとのいえば いわねさくみて なずみこし よけくもそなき

うつせみと 思ひし妹が 玉かぎる ほのかにだにも
うつせみと おもいしいもが たまかぎる ほのかにだにも

見えなく思へば
みえなくおもえば


<口語訳>日本古典文学全集 万葉集 小学館 より引用
この世の人だと 思っていた時に 手に取り持って 二人で眺めた 走り出の 堤に立っている 槻の木の あちこちの枝の 春の葉の 茂っているように若いと 思っていた 妻であるが 頼りにしていた 女であるが 世間の道理に 背くこともできないので 陽炎の もえる荒れ野に 真っ白な 天人の領巾に包まれ 鳥でもないのに 朝家を出て (入日なす) 隠れてしまったので 妻が 形見に残した 幼子が 物をせがんで泣くたびに 取り与える 物もないので 男のくせに 脇に挟んで抱き 亡き妻と 二人で寝た (まくらづく) 離れ屋の中で 昼はしょんぼり暮らし 夜はため息ばかりついて明かし 嘆いても どうしてよいか分からず 恋い慕っても 逢えるわけもないので (大鳥の) 羽易の山中に わたしが恋い慕う 妻がいると 言う人があったので 岩を押し分けて 無理をしてやって来たが その甲斐もないではないか この世の人だと 思っていた妻が (玉かぎる) ほのかにさえも 見えないことを思うと  

<私の想像を加えた歌の意味>
妻が元気なころは、手を取り合って槻の木を眺めたものだった。
あのころの妻は、春の葉が茂るように若々しかった。
あのころは家のことはなんでも妻を頼りにしていた。
だが、世の中の定めに逆らうことはできない。
妻は、突然にこの世を去ってしまった。
それはまるで、天の雲に吸い込まれてしまうようであり、鳥が飛び去ってしまうようであり、入日が沈むようであった。
母を失った幼子が泣いても、何を求めているのか、わからない。
幼子を抱き、父である私はどうしてよいかわからない。
妻との思い出ばかりがわく家の中で、昼はしょんぼりと暮らし、夜はため息ばかりついて過ごす。
嘆いても嘆いても悲しみが尽きない。
どんなに恋い慕っても会うことができない。
羽易の山に行けば、亡き人にもあえると聞き、険しい道をかき分けて行ってもみたが、あえることはなかった。
かすかにでも、その気配だけでも、生きているころの妻の姿を期待したが、それさえも叶えられない。