斉藤茂吉『赤光』「おくに」より

なにか言ひたかりつらむその言(こと)も言へなくなりて汝(なれ)は死にしか

何か言いたいことがあったろう。
その言葉を言うこともできなくなった。
おまえは何かを言い残すこともなく死んでしまった。


これの世に好(す)きななんぢに死にゆかれ生きの命の力なし我(あれ)は

好きなおまえはもうこの世にいない。
おまえに死なれた私は、生きていく力も失くしてしまった。


 長年連れ添った妻を失ったときとは異なる心情を感じる。事情はどうであれ、愛した女性に死なれた作者の心情が伝わる。
 
「生きの命の力なし我は」 大切に思う人の死を突きつけられたときに感じる感覚は、時代を超えて柿本人麻呂の短歌と繋がっている。