万葉集 巻一 38 柿本人麻呂

やすみしし わが大君 神ながら 神さびせすと 吉野川 激つ河内に
やすみしし わがおおきみ かんながら かんさびせすと よしのがわ たぎつこうちに

高殿を 高知りまして 登り立ち 国見をせせば たたなはる 青垣山 
たかどのを たかしりまして のぼりたち くにみをせせば たたなわる あおかきやま 

やまつみの 奉る御調と 春へには 花かざし持ち 秋立てば 黄葉かざせり
やまつみの まつるみつきと はるへには はなかざしもち あきたてば もみじかざせり

行き沿ふ 川の神も 大御食に 仕へ奉ると 上つ瀬に 鵜川を立ち
ゆきそう かわのかみも おおみけに つかえまつると かみつせに うかわをたち

下つ瀬に 小網刺し渡す 山川も 依りて仕ふる 神の御代かも
しもつせに さでさしわたす やまかわも よりてつこうる かみのみよかも

<私が考えた歌の意味>
わが天皇は、天上の神につながるこの世の神であられ、この上なく貴い存在なのです。
天皇がなさることは、ことごとく神の御心、そののままなのです。
天皇は、吉野川の急流が渦巻く谷あいに、高い宮殿を造営されました。
その宮殿から、国内の状況はどうかと、国見をされました。
まずは、山々の方角をご覧になられると、春には山一面に花の咲く景色が、秋には色鮮やかな紅葉の景色が浮かびました。
これは、山の神々が、天皇に心からお仕えしていることを表したものです。
次に、川の方角をご覧になられると、上流では鵜飼いの漁を、下流では網での漁が盛んにされている様子が現れました。
これは、川の神々が、天皇に心からお仕えしていることを表したものです。
山の神々、川の神々、すなわち国中が、天皇に喜んで従っているのです。
これこそが、天皇が統治なさるすばらしい世なのです。

<歌の感想>
 現在の天皇を讃える目的をもった長歌であることを強く感じる。長歌という形式で、これだけの内容を盛るのは至難の技であったろう。
 このような天皇讃歌を詠む作者柿本人麻呂は、一代の天皇の力の限界も知っていた。作者の思いは複雑ではないのかと感じる。
※以前の記事を改めた。