万葉集 巻一 40 41 42 柿本人麻呂

伊勢の国に幸せる時に、京に留まれる柿本朝臣人麻呂が作る歌
いせのくにに いでませるときに、 みやこにとどまれる かきのもとのあそみひとまろが つくるうた

天皇が伊勢に出かけられた。多くの宮廷人がお供をしていったが、柿本人麻呂は都に残った。都に残った人麻呂が旅の様子を思い描いて作った歌。


40
あみの浦に 船のりすらむ 娘子らが 玉裳の裾に 潮満らむか
あみのうらに ふなのりすらん おとめらが たまものすそに しおみつらんか

<私の想像を加えた歌の意味>
天皇のご一行は、今ごろは、あみの浦の港から船を出そうとしているでしょう。
船を出すのに、ちょうどよい潮が満ちてくるのを待っているでしょう。
おりしも、船に乗り込もうとする女官たちの着物の裾を濡らすほど、潮が満ちてきました。
さあ、いよいよ出発のときを迎えているでしょう。


41
釧つく 答志の崎に 今日もかも 大宮人の 玉藻刈るらむ
くしろつく とうしのさきに きょうもかも おおみやびとの たまもかるらん

<私の想像を加えた歌の意味>
天皇のご一行は、今ごろは答志の岬に着いた頃でしょう。
岬に舟を停泊されたなら、お仕えをしている女官たちは、海藻を集めたりして海岸で遊ぶことでしょう。
今日も、船旅と海岸の遊びのおもしろさを味わっていることでしょう。


42
潮さゐに 伊良麌の島辺 漕ぐ船に 妹乗るらむか 荒き島廻を
しおさいに いらごのしまへ こぐふねに いものるらんか あらきしまみを

<私の想像を加えた歌の意味>
潮騒がとどろく伊良湖の島の辺りを天皇の一行の船は進んでいることでしょう。
私の好きなあの人も女官の一人として船に乗っています。
潮騒の音、島の周囲の荒々しい景色、船ならでは伊良湖の辺りならではの旅を、あの人も味わっているでしょう。

 <歌の感想>
  想像で作っている短歌なのに、その場の様子が目に浮かぶ。不思議だ。
 実際に見てはいないのだが、人麻呂の脳裏にある情景が組み合わせられている。そして、その組み合わせが短歌という形式にぴったりと合っていると感じる。
 船出と女官たちの着物の裾を濡らす潮。船路での行幸と大宮人の海辺の遊び。潮騒とどろく景色と恋しい妻。
これらの組み合わせと配置がなんとも絶妙の効果を上げている。
 柿本人麻呂は、離れた場所の情景を表現することができる。時間だけでなく、空間をも自由に行き来できる歌人だ。
※以前の記事を改めた。