万葉集 巻一 36 柿本人麻呂

吉野の宮に幸せる時に、柿本朝臣人麻呂が作る歌
よしののみやにいでませるときに、かきのもとのあそみひとまろがつくるうた 

やすみしし わが大君の 聞こし食す 天の下に 国はしも さはにあれども
やすみしし わがおおきみの きこしおす あめのしたに くにはしも さわにあれども 

山川の 清き河内と 御心を 吉野の国の 花散らふ 秋津の野辺に
やまかわの きよきこうちと みこころを よしののくにの はなぢらう あきつののべに 

宮柱 太敷きませば ももしきの 大宮人は 船並めて 朝川渡り  
みやばしら ふとしきませば ももしきの おおみやびとは ふねなめて あさかわわたり
 
船競ひ 夕川渡る この川の 絶ゆることなく この山の いや高知らす 
ふなぎおい ゆうかわわたる このかわの たゆることなく このやまの いやたかしらす 

みなそそく 滝のみやこは 見れど飽かぬかも
みなそそく たきのみやこは みれどあかぬかも

<私の想像を加えた歌の意味>

吉野の離宮に天皇が出かけられたときに、お供をした柿本人麻呂が詠んだ長歌と反歌(37)

 この国は、多くの地方で成り立っている。そのそれぞれの風土をもつ各地方をひとつにまとめ、治められているのが、私たちの天皇だ。
 これらの地方の中でも ここ吉野は、山と川に恵まれた美しく清らかな所だ。天皇は、吉野の中でも秋津を気に入られた。そこで、この地に立派な宮殿を造営されたのだ。
 宮殿が完成してからは天皇にお仕えする高貴な人々も、吉野に来るようになった。吉野に来た人々は、吉野川に舟を浮かべて舟遊びをしきりに楽しんだ。その様子は賑やかで華やかである。
 山も川も美しく、集う人々は楽しそうで、その上水量豊かな滝のそばに建っている吉野離宮は、何度訪れても飽きることがない。

<歌の感想>
 明るく、変化に富んだ山や川が思い浮かぶ。さらに、滝を背景とするかのごとく建っている、豪華で壮大な建物も目に浮かぶ。
 また、そこには楽し気に遊ぶ舟遊びの宮廷人の姿もある。
 しかし、作者が実際にこの通りの風景を目にしているという感覚はない。広い場所の長い時間を、歌に盛り込んでいると感じられる。また、何度でも見にこようという作者の思いは、作者の感動とは思えない。
 その地と離宮の素晴らしさを褒めるたたえることに主眼があると感じる。
※以前の記事を改めた。(2016/11/27)