万葉集 巻三 254

灯火の 明石大門に 入らむ日や 漕ぎ別れなむ 家のあたり見ず
ともしびの あかしおおとに いらんひや こぎわかれなん いえのあたりみず

<私の想像を加えた歌の意味>
私たちの乗る船が、明石海峡に近づいてくる。
明石海峡を過ぎると、もう都とは異なる地にすっかり入ったことになる。
明石海峡に入ってしまえば、家のある方を見ることもできなくなる。
明石海峡に入るときには、これが最後だからと家の辺りを見ることもしないうちに、船は進んでしまうのだろう。