万葉集 巻三 202

稲日野も 行き過ぎかても 思へれば 心恋しき 加古の島見ゆ
いなびのも ゆきすぎかてに おもえれば こころこいしき かこのしまみゆ

<私が考えた歌の意味>
稲日野の景色がよくて、通り過ぎるのを残念に思っている。
稲日野を過ぎ去るのを惜しく思いながらも旅を続けていると、今度は加古の島が見えて来た。
前から訪れるのを楽しみにしていた加古の島に近づいた。