万葉集 巻三 244 或る本の歌一首

み吉野の 三船の山に 立つ雲の 常にあらむと 我が思はなくに
みよしのの みふねのやまに たつくもの つねにあらんと わがおもわなくに

<私の想像を加えた歌の意味>
み吉野の三船の山の頂上には、いつも雲が湧き起っている。
あの雲は、季節を問わず、時を問わず、何百年と湧きたなびているのであろう。
あの雲のように、私の命が命がいつまでもあるとは思えない。
私の命は、限りあるはかないものだ。

<歌の感想>
 注釈書では、242の「居る雲の」の方が常住性が描かれていて、優れているとするものもある。私は、「立つ雲の」の方が、姿を変えながらもいつも雲が山頂にかかっている景色を想像できて、意味を理解しやすい。