万葉集 巻三 243 春日王が答え奉った歌一首

大君は 千歳にまさなむ 白雲も 三船の山に 絶ゆる日あらめや
おおきみは ちとせにまさなん しらくもも みふねのやまに たゆるひあらめや

<私の想像を加えた歌の意味>
いつまでもこの世にはいないなどと仰せになることはありません。
三船の山の頂には白い雲がいつまでもかかり続けます。
皇子様も三船の山の白い雲のように、千年もおすこやかでいらっしゃるにちがいありません。

<歌の感想>
 理屈でつくろっているように感じもする。しかし、242から感じられる弓削皇子の吉野の景色をすなおに楽しめない心持を、答える歌で、変えようとしていることが感じられる。