万葉章 巻三 242 弓削皇子の吉野に遊ばれたときの御歌一首

滝の上の 三船の山に 居る雲の 常にあらむと 我が思はなくに
たきのうえの みふねのやまに いるくもの つねにあらんと わがおもわなくに

<私が考えた歌の意味>
吉野川の急な流れのほとりに三船の山がそびえる。
その三船の山の上には雲が動かずにかかっている。
あの雲も、いつまでも同じところいることはない。
私も、あの雲のようにこの世にいつまでもいるとは思わない。

<私の想像を加えた歌の意味>
吉野川の急流は絶え間なく流れ続ける。
吉野川のほとりには、三船の山がそびえている。
三船の山の頂上には、雲が動かずにかかっている。
あの雲も、いつかは消えてしまう。
私も、あの雲のようにいつかは消えてしまう。
人は、この世に生まれ、滅びゆくものだ。
私は、いつこの世から消えても不思議ではないと思う。