万葉集 巻二 207 柿本朝臣人麻呂が、妻が死んだ後に、泣き悲しんで作った歌二首と短歌(207~212)※以前の記事を改めた。

天飛ぶや 軽の道は 我妹子が 里にしあれば
あまとぶや かるのみちは わぎもこが さとにしあれば 

ねもころに 見まく欲しけど やまず行かば 人目を多み
ねもころに みまくほしけど やまずいかば ひとめをおおみ

まねく行かば 人知りぬべみ さね葛 後も逢はむと
まねくいかば ひとしりぬべみ さねかずら のちもあわんと

大船の 思ひ頼みて 玉かぎる 磐垣淵の 
おおぶねの おもいたのみて たまかぎる いわかきふちの 

隠りのみ 恋ひつつあるに 渡る日の 暮れぬるがごと 
こもりのみ こいつつあるに わたるひの くれぬるがごと

照る月の 雲隠るごと 沖つ藻の なびきし妹は 
てるつきの くもがくるごと おきつもの なびきしいもは

黄葉の 過ぎて去にきと 玉梓の 使ひの言へば 
もみちばの すぎていにきと たまずさの つかいのいえば

梓弓 音に聞きて 言はむすべ せむすべ知らに 
あずさゆみ おとにききて いわんすべ せんすべしらに

音のみを 聞きてありえねば 我が恋ふる 千重の一重も 
ねのみを ききてありえねば あがこうる ちえのひとえも

慰もる 心もありやと 我妹子が やまず出で見し 
なぐさもる こころもありやと わぎもこが やまずいでみし

軽の市に 我が立ち聞けば 玉だすき 畝傍の山に 
かるのいちに わがたちきけば たまだすき うねびのやまに

鳴く鳥の 声も聞こえず 玉鉾の 道行き人も 
なくとりの こえもきこえず たまぼこの みちいきびとも

ひとりだに 似てし行かねば すべをなみ 妹が名呼びて 
ひとりだに にてしいかねば すべをなみ いもがなよびて

袖そ振りつる
そでそふりつる

<私の想像を加えた歌の意味>
軽の道は、妻の所へ通う道だ。
妻の所へもっと度々行きたかった。
人目が気になり、通うのを控えていた。
今は会わなくても、後には会えると信じていた。
会えなくとも心の内で、妻を恋い続けていた。
使いの者が来て、言う。
日が暮れていくように、月が雲に隠れるように、亡くなった、と。
なびき添って夜を過ごした妻は、黄葉が散っていくように、亡くなってしまった。
使い者の言葉を聞いて、何と言えばよいか何をすればよいかわからない。
何もせずにいることも辛くて、かすかな慰めになればと、軽の市へ出かける。
軽の市は、亡き妻がよく出向いていた所だ。
軽の市では、人々が行き交っているが、妻の姿はない。
かすかにでも妻に似た人がいないか、妻の声に似た声でも聞こえはしないか。
その思いが叶えられるはずはない。
妻の名を呼んで、妻へ袖を振る。
私にできるのはそれしかなった。

<歌の感想>
 亡き妻の思い出と、妻を失った現在の心境が流れるように一体となって表現されている。
 思い出ではあるが、その中に妻とこれからも会うことを疑わなかったという未来への思いが含まれている。
 現在の心境ではあるが、妻の死を知らされた時の心境と、その少し後の心境の双方が描かれている。
 さらに、「軽の道」と「軽の市」という具体的な場所が、長歌全体に広がりと安定感を与えていると感じる。