万葉集 巻二 203 但馬皇女(たじまのひめみこ)が亡くなった後、穂積皇子(ほづみのみこ)が、雪の降る冬の日、皇女の御墓を遥かに見やって悲しみ、涙を流して作られた歌一首

降る雪は あはにな降りそ 吉隠の 猪養の岡の 寒からまくに
ふるゆきは あわになふりそ よなばりの いかいのおかの さむからまくに

<私が考えた歌の意味>
雪よ、たくさん降らないでください。
たくさんに降れば、吉隠の猪養の岡のお墓が寒いでしょうから。

<私の想像を加えた歌の意味>
雪が降っています。
この雪は、皇女のお墓のある吉隠の猪養の岡にも降っているでしょう。
雪がたくさん降れば、お墓にも雪が積もります。
お墓の辺りでは、雪よ、たくさん降らないでください。
亡き人に寒い思いをさせたくありません。

<歌の感想>
 死者を恋しく思う気持ちが、率直に伝わってくる。