※168・169・170については、以前の記事を改めた。

万葉集 巻二 167 169 170日並皇子尊の殯宮の時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌

167
天地の 初めの時の ひさかたの 天の河原に
あめつちの はじめのときの ひさかたの あまのかわらに

八百万 千万神の 神集ひ 集ひいまして
やおよろず ちよろずかみの かんつどい つどいいまして

神はかり はかりし時に 天照らす 日女の命
かんはかり はかりしときに あまてらす ひるめのみこと

天をば 知らしめすと 葦原の 瑞穂の国を
あめをば しらしめすと あしはらの みずほのくにを

天地の 寄り合ひの極み 知らしめす 神の命と
あめつちの よりあいのきわみ しらしめす かみのみことと

天雲の 八重かき分けて 神下し いませまつりし
あまくもの やえかきわけて かんくだし いませまつりし

高照らす 日の皇子は 飛ぶ鳥の 清御原の宮に
たかてらす ひのみこは とぶとりの きよみのみやに

神ながら 太敷きまして 天皇の 敷きます国と
かんながら ふとしきまして すめろきの しきますくにと

天の原 石門を開き 神上がり 上りいましぬ
あまのはら いわとをひらき かんあがり あがりいましぬ

我が大君 皇子の尊の 天の下 知らしめしせば
わがおおきみ みこのみことの あめのした しらしめしせば 

春花の 貴からむと 望月の たたはしけむと
はるはなの とうとからんと もちづきの たたわしけんと

天の下 四方の人の 大船の 思ひ頼みて
あめのした よものひとの おおぶねの おもいたのみて

天つ水 仰ぎて待つに いかさまに 思ほしめせか
あまつみず おうぎてまつに いかさまに おもおしめせか

つれもなき 真弓の岡に 宮柱 太敷きいまし
つれもなき まゆみのおかに みやばしら ふとしきいまし

みあらかを 高知りまして 朝言に 御言問はさず
みあらかを たかしりまして あさことに みこととわさず

日月の まねくなりぬれ そこ故に 皇子の宮人
ひつきの まねくなりぬれ そこゆえに みこのみやひと

行くへ知らずも
いくえしらずも 

168 169 反歌二首

168
ひさかたの 天見るごとく 仰ぎ見し 皇子の御門の 荒れまく惜しも
ひさかたの あめみるごとく あうぎみし みこのみかどの あれまくおしも

169
あかねさす 日は照らせれど ぬばたまの 夜渡る月の 隠らく惜しも
あかねさす ひはてらせれど ぬばたまの よわたるつきの かくらくおしも

170 或る本の歌一首

170
島の宮 勾の池の 放ち鳥 人目に恋ひて 池に潜かず
しまのみや まがりのいけの はなちどり ひとめにこいて いけにかずかず


<私の想像を加えた歌の意味>
167 ※修辞の部分を省き、作者が述べたいことだけを想像してみた。
天武天皇は、神の御子として地上にお降りになった日の皇子の子孫でございます。
その天武天皇は、浄御原でこの国を立派に治められ、お亡くなりになられました。
天武天皇亡きあとは、日並皇子が天下をお治めなさるだろうと、誰もが期待しておりました。
その日並皇子がお亡くなりになりました。
皇子に仕える宮人たちは、どうしてよいか分からず、呆然としているばかりでございます。

168
天を見るように、仰ぎ見ていた素晴らしい宮殿でした。
皇子亡き後の宮殿は荒れていく定めです。
なんとも残念なことです。

169
日が昇り、月が隠れる。
それは自然の運行だが、月が隠れてしまうのはなんとも残念だ。
人の死は避けられぬが、皇子を失うのは惜しく、悲しい。

170
飼われている鳥に、亡き主人を恋う気持ちがあるのか。
島の宮の勾の池の鳥は、人を恋しがって池に潜らなくなった。

※167の口語訳(日本古典文学全集 萬葉集 小学館)を下に引用する。

「天地の 始まりの時のことで (ひさかたの) 天の河原に
八百万 千万の神々が 神の集まりに 集まられて
相談に 相談を重ねた時に 天照らす 日女の尊は
天の原を お治めになるとて 葦原の 瑞穂の国を
天と地の 寄り合う遠い果てまでも お治めになる 神の御子として
天雲の 八重かき分けて 天つ神が 地上にご降臨願った
(高照らす) 日の御子の子孫であられる天武天皇は (飛ぶ鳥の)浄御原の宮に
おん自ら 御殿を営まれて この国は代々の天皇が お治めになる国だとして
天の原の 岩戸を開き 天に登り お隠れになった 
わが大君 日並皇子尊が 天下を お治めになったとしたら 
春の花のように お栄あるであろうと 満月のように お見事であろうと
天下の 四方八方の人が (大船の) 頼りに思って
(天つ水) 仰ぎ見待っていたのに どのように 考えられてか 
縁もない 真弓の岡に 宮柱を しっかりと立て
殯宮を 高く営まれて 朝のお言葉も のたまわれぬまま
月日も あまた積もったので そのために 皇子の宮人たちは
途方に暮れている」


<歌の感想>
 以前の記事で触れたように、歴史的な背景や、政治的な意図をも感じる。
 だが、それ以上に敬愛する皇子の死を悼む作者の心情が表現されていると思う。しかも、亡き人を、残された宮殿や消えていく月や人恋しそうな水鳥とつなげていく自在さは、驚きさえ感じる。