※ 以前の記事 を改めた。

万葉集 巻二 135 136 137 柿本朝臣人麻呂が石見の国から妻と別れて上京して来た時の歌二首と短歌(131~137)
  
135

つのさはふ 石見の海の 言さへく 辛の崎なる
つのさわう いわみのうみの ことさえく からのさきなる

いくりにそ 深海松生ふる 荒磯にそ 玉藻は生ふる
いくりにそ ふかみるおうる ありそにそ たまもはおうる

玉藻なす なびき寝し児を 深海松の 深めて思へど
たまもなす なびきねしこを ふかみるの ふかめておもえど

さ寝し夜は いくだもあらず 延ふつたの 別れし来れば
さねしよは いくだもあらず はうつたの わかれしくれば

肝向かふ 心を痛み 思ひつつ かへり見すれど
きもむかう こころをいたみ おもいつつ かえりみすれど

大船の 渡りの山の もみち葉の 散りのまがひに
おおぶねの わたりのやまの もみちばの ちりのまがいに

妹が袖 さやにも見えず 妻隠る 屋上の山の

いもがそで さやにもみえず つまごもる やがみのやまの

雲間より 渡らふ月の 惜しけども 隠らひ来れば 
くもまより わたらうつきの おしけども わたらいくれば

天伝ふ 入日さしぬれ ますらをと 思へる我も 
あまづたう いりひさしぬれ ますらおと おもえるあれも

しきたへの 衣の袖は 通りて濡れぬ
しきたえの ころものそでは とおりてぬれぬ


136 反歌二首(135 136)
青駒が 足掻きを速み 雲居にそ 妹があたりを 過ぎて来にける
あおこまが あがきをはやみ くもいにそ いもがあたりを すぎてきにける


137
秋山に 落つるもみち葉 しましくは な散りまがひそ 妹があたり見む
あきやまに おつるもみちば しましくは なちりまがいそ いもがあたりみん


<私が考えた歌の意味>

135
石見の海に辛の崎がある。
辛の崎の海底深く美しく海藻が生える。
辛の崎の磯に豊かに海藻が生える。
海藻が波になびくように、離れることなく寄り添い妻と夜を過ごした。
妻と過ごした日々が長く続くことはなく、別れてこなければならなかった。
妻を残して石見を離れるのはあまりにも辛い。
何度も何度も残してきた妻を振り返って見る。
大船の渡りの山の辺りまで来ると、黄葉が散り乱れている。
妻が袖を振っている姿もはっきりとは見えなくなってくる。
月が雲に隠れてしまうように、妻の姿が見えなくなる。
なんとも名残惜しい。
妻の姿が見えなくなったころには、夕日がさしてきた。
涙など見せない男子と自負していた私だが、悲しさをこらえることができない。
衣の袖が濡れてしまう。

136 
乗る馬の歩みはあまりにも速い。
妻の家から遠く離れた所まで来てしまった。

137
秋山に散る黄葉、しばらくは散り落ちないでくれ。
妻の家の辺りを、はっきりと見ていたいから。


<私の想像を加えた歌の意味>

135
石見で情愛の深い妻を得ました。
深い海の底で、静かに藻がなびき合うように。
磯で、藻が戯れ合うように。
妻と仲睦まじく過ごしました。
もっともっと一緒にいたかったのに、別れてくるしかありません。
名残惜しくて、何度も妻を振り返ります。
山の黄葉が散ってくると、この黄葉が散らなければ、もっと妻がよく見えたのにと思います。
妻の家の辺りもすっかり見えなくなるころには、夕日がさしてきます。
任地の妻との別れが辛くて、涙を流すなどとは思っていませんでした。
そんな私ですが、気づくと、着物の袖が濡れていました。

136
どんどん妻との距離が離れてしまう。
馬の足が速く感じられてしかたがない。
このままの速さでは、たちまち妻が遠くなる。

137
妻と離れ行く山道に黄葉が散る。
散る黄葉が、妻の家の辺りを見えづらくする。
黄葉よ、散らないでくれ。
もう少しの間だけでも、妻の家の辺りを見ていたい。