※ 以前の記事  を改めた。

万葉集 巻二 131 132 133 柿本朝臣人麻呂が石見の国から妻と別れて上京して来た時の歌二首と短歌(131~137)

131
石見の海 角の浦廻を 浦なしと 人こそ見らめ
いわみのうみ つののうらみを うらなしと ひとこそみらめ

潟なしと 人こそ見らめ よしゑやし 浦はなくとも よしゑやし 潟はなくとも 
かたなしと ひとこそみらめ よしえやし うらはなくとも よしえやし かたはなくとも

いさなとり 海辺をさして にきたづの 荒磯の上に
いさなとり うみへをさして にきたずの ありそのうえに

か青く生ふる 玉藻沖つ藻 朝はふる 風こそ寄せめ 夕はふる 波こそ來寄れ
かあおくおうる たまもおきつも あさはうる かぜこそよせめ ゆうはうる なみこそきよれ

波のむた か寄りかく寄る 玉藻なす 寄り寝し妹を 露霜の 置きてし來れば
なみのむた かよりかくよる たまもなす よりねしいもを つゆしもの おきてしくれば

この道の 八十隈ごとに 万度 かへり見すれど いや遠に 里は離りぬ
このみちの やそくまごとに よろずたび かえりみすれど いやとおに さとはさかりぬ

いや高に 山も越え來ぬ 夏草の 思ひしなえて 偲ふらむ 妹が門見む なびけこの山
いやたかに やまもこえきぬ なつくさの おもいしなえて しのうらん いもがかどみん なびけこのやま 


132
石見のや 高角山の 木の間より 我が振る袖を 妹見つらむか
いわみのや たかつのやまの このまより あがふるそでを いもみつらんか

133
笹の葉は み山もさやに さやげども 我は妹思う 別れ来ぬれば
ささのはは みやまもさやに さやげども あれはいもおもう わかれきぬれば

134 ある本の反歌に言う
石見なる 高角山の 木の間ゆも 我が袖振るを 妹見けむかも
いわみなる たかつのやまの このまゆも わがそでふるを いもみけんかも

<私が考えた歌の意味>

131
石見の国には、波穏やかな湾も入江もないと、人は言います。
湾はなくても、よいではありませんか。
入江はなくても、よいではありませんか。
石見の海では沖にも磯にも海藻が豊かです。
朝の風が、その海藻を吹き寄せるでしょう。
夕の風が、波とともにその海藻を吹き寄せるでしょう。
私と妻は、海藻が絡み合い寄り添い合うようにして毎夜を過ごしました。
寄り添って寝た妻を置いてきたので、山道の曲がり角ごとに何度も振り返ってみました。
いくら振り返ってみても、妻のいる里は遠ざかり、いよいよ高くなる山を越えて来ました。
妻は、私のことを恋い慕って、気持ちも沈んでいるでしょう。
妻の家の門口だけでも、見たい。
妻の家の方向を塞いでいる山よ、どちらかに寄ってくれ。


132
石見の高角山の木の間から、妻へ向けて袖を振る。
私が袖を振っているのを、妻は見ているであろうか。

133
笹の葉が山全体で風にさやいでいる。
笹の葉のさやぎにも心を奪われず、私は妻のことを思っている。
恋しい妻を残してきているので。

134
私が振った袖を、残してきた妻は見ていただろうか。
高角山の木々の間から妻へ向けて振った私の袖を。


<私の想像を加えた歌の意味>

131
石見の海は、荒々しい海だと言う人が多いようです。
石見の海には、穏やかな入江はありません。
穏やかな入江はないのですが、海は豊かで美しい海藻が採れます。
朝の風、夕の風が、豊かな海藻を吹き寄せます。
石見で、私は情の細かい妻を得て、仲睦まじく暮らしていました。
仲良く暮らした妻を、置いて来たので、都までの道すがら何度も石見を振り返りました。
幾度も振り返るのですが、その度に妻のいる里は遠ざかり、ますます高くなる山道を越えて進むしかありません。
私が妻を振り返るのと同じように、妻は私のことを恋い慕って、私の旅の方向を見つめているでしょう。
妻の家の方向を塞いでいる山よ、もっと低くなってくれ。
妻は、私のことが恋しくて、気持ちも萎えているにちがいない。
せめて、妻の家の門口だけでも、見たい。
山よ、低くなれ。


132
木々の生い茂る高角山で、残してきた妻のことを恋しく思い出しています。
妻の所からも見えている高角山で、私が恋しく思い出していることを、妻は察するでしょうか。
妻は、私の思いを分かっているに違いありません。
遠く離れていても、私と妻の間を隔てることはできません。

133
サヤサヤサヤ、山中に笹の葉のさやぎが聞こえる。
サヤサヤ、さやぐ音をいくら聞いても、思うのは妻のことだけ。
あんなに仲睦まじく寝た妻を、残してきてしまった。


134
高角山には、木々が生い茂り、妻のいる里を遮っている。
妻との間は遮られていても、私の思いを妻に届けようと袖を振った。
妻は、私の思いを受け止めているにちがいない。