万葉集 巻二 126 127 128 

126 石川女郎(いしかわのいらつめ)が大伴宿祢田主(おおともすくねたぬし)に贈りし歌一首
みやびをと 我は聞けるや やど貸さず 我を帰せり おそのみやびを
みやびおと われはきけるや やどかさず われをけせり おそのみやびを

127 大伴宿祢田主(おおともすくねたぬし)が返歌として贈った歌一首
みやびをに 我はありけり やど貸さず 帰しし我そ みやびをにはある
みやびおに われはありけり やどかさず かえししわれそ みやびおにはある

128 同じ石川女郎(いしかわのいらつめ)が、更に大伴田主に贈った歌一首
我が聞きし 耳によく似る 葦のうれの 足痛む我が背 つとめたぶべし
わがききし みみによくにる あしのうれの あしやむわがせ つとめたぶべし

<私の想像を加えた歌の意味>
126
あなたは、男女のことにも通じた風流人だと聞いていました。
それなのに、誘いをかけた私の気持ちを察することもできないで、泊めてもくれませんでした。
ずいぶんと、女の気持ちに鈍い風流人ですこと。

【左注のおおまかな意味】
 大伴田主は、容姿美しく、風流に優れた人で、皆から羨まれた。石川郎女が、田主と夫婦になりたいと思い、田主に手紙を出そうとしたが、よい使者が見つからなかった。そこで、いやしい老女の姿になって、田主の寝屋まで行って、火をいただきたくて伺いました、と言った。田主は、石川郎女の変装とは分からずに、女を引き留めることなく帰した。
 翌朝、石川郎女は仲人もなく田主に求婚したことを恥じ、また変装して出かけたのに帰されたことを恨んで、この歌を作って、田主に贈り、田主をからかった。

127
私こそまさしく風流人です。
露骨な誘いをかけてくるような女性を泊めないで返すことこそ、風流なのです。
男女のことに通じた風流人でなければできないことです。

128 
あなたは、足が悪いといううわさをよく聞きます。
そのうわさが本当なら、どうぞ痛む足をいたわってくださいな。
足が痛んで歩けないようになっては大変ですよ、女の気持ちがよくわかる風流人さん。