万葉集 巻二 123 124 125 三方沙弥(みかたのさみ)が園臣生羽(そののおみいくは)の娘を娶って、まだそれほど月日を経ないのに、病気で臥せって作った歌三首


123 三方沙弥(みかたのさみ)
たけばぬれ たかねば長き 妹が髪 このころ見ぬに 掻き入れつらむか
たけばぬれ たかねばながき いもがかみ このころみぬに かきいれつらんか

124 娘子(おとめ)
人皆は 今は長しと たけと言へど 君が見し髪 乱れたりとも
ひとみなは いまはながしと たけといえど きみがみしかみ みだれたりとも

125 三方沙弥(みかたのさみ)
橘の 陰踏む道の 八衢に 物をそ思ふ 妹に逢はずして
たちばなの かげふむみちの やちまたに ものをそおもう いもにあわずして

<私が考えた歌の意味>
123 三方沙弥(みかたのさみ)
あなたの髪は、束ねればほどけ、束ねないと長すぎるほどに美しく見事です。
このごろは、その髪を見ることができません。
束ねてしまっているのでしょうか。

124 娘子(おとめ)
みんなは、私の髪のことをもう長すぎるので、束ねなさいと言います。
あなたの前では、長い髪のままでいました。
ですから、たとえ、乱れても長いままにしておきます。

125 三方沙弥(みかたのさみ)
橘の木陰を通る道は、八方に分かれています。
その道と同じように、どちらに行けばよいのか分からない思いでいます。
あなたに会うことができないので。

<私の想像を加えた歌の意味>
123
私の病のせいで、あなたに会うことができません。
あなたは、長く美しい髪を、束ねていますか、それとも長いままにしていますか。
この目でそれを確かめたいのですが、それもままなりません。

124
私は、あなたが見た時の髪型のままですよ。
周りの人は、束ねなさいと言いますが、あなたに見てもらった髪型のままでいます。

125
私は病の床で、あなたはどうしているだろうとばかり思っています。
思えば思うほど、あなたのことで、心が迷います。
あなたに会えないうちは、私の心は行き先を失った分かれ道です。