万葉集 巻二 111 112 113

111 (持統天皇が)吉野宮に行幸なさった時に、弓削皇子が額田王に贈り与えた歌一首
古に 恋ふる鳥かも ゆづるはの 御井の上より 鳴き渡り行く
いにしえに こうるとりかも ゆずるはの みいのうえより なきわたりゆく

112 額田王の答え奉った歌一首
古に 恋ふらん鳥は ほととぎす けだしや鳴きし 我がおもへるごと
いにしえに こうらんとりは ほととぎす けだしやなきし あがおもえるごと

113 吉野から下がり苔の生えた松の枝を折り取って送った時に、額田王がお返し申し上げた歌一首
み吉野の 玉松が枝は 愛しきかも 君がみ言を 持ちて通はく
みよしのの たままつがえは はしきかも きみがみことを もちてかよわく

<私が考えた歌の意味>
111
ユズリハの樹の傍の井戸の上を鳥が鳴きながら飛んでいく。
昔のことを恋い慕う鳥なのであろうか。

112
昔を恋しく思って鳴く鳥はホトトギスです。
きっと私が昔を懐かしむように、ホトトギスが鳴いたのでしょう。

113
吉野からの苔の松の枝は大切なものです。
あなたの言葉を共に運んできたのですもの。

<私の想像を加えた歌の意味>
111
私は、昔のことをしきりに懐かしく思い出します。
ユズリハの御井の井戸は、亡き天武天皇がよく来られた所です。
御井の井戸の上を、鳴きながら飛ぶ鳥がいます。
あの鳥も、昔のこと、天武天皇のお元気だったころを恋い慕っているのでしょうか。

112
昔を思う鳥は、ホトトギスだということです。
あなたがお聞きになったのも、きっとホトトギスの鳴き声でしょう。
亡きお方を偲んで、ホトトギスが鳴いたのでしょう。
私も、ホトトギスの鳴くように、昔のことが懐かしくてたまりません。

113
苔の松の枝をお送り下さって、ありがとうございます。
優しいお言葉が添えられていてうれしゅうございました。
老いた私を思ってくださる松の枝ですので、私にはとても大切なものです。

<歌の感想>
 日本古典文学全集 萬葉集 小学館の解説(頭注)では次のようにある。

苔生す松を贈ったのは弓削皇子、この時一八、九歳。額田王は六十歳くらい。苔生す松は「老松」の謂、イニシヘの象徴。

 弓削皇子と額田王の年齢の差を思うと、共に亡き人のことを懐かしむという感じとは趣の違う味わいがある。