万葉集 巻二 165 166 大津皇子の遺体を葛城の二上山に移葬した時に、大伯皇女が悲しんで作られた歌二首

165
うつそみの 人なる我や 明日よりは 二上山を 弟と我が見む
うつそみの ひとなるわれや あすよりは ふたがみやまを いろせとわがみん

166
磯の上に 生ふるあしびを 手折らめど 見すべき君が ありといはなくに
いそのうえに おうるあしびを たおらめど みすべききみが ありといわなくに

<私の想像を加えた歌の意味>
165
どんなに亡き大津皇子のことを思っても、私はこの世の人です。
明日からは、二上山を弟として眺めることでしょう。
葬った所を見て、在りし日の大津皇子を偲ぶことしかできません。

166
岩の上のあしびの花を摘みたいと思いました。
でも、そのあしびを見せたい大津皇子はもういません。
見せたい人がいないのに、花を摘んでも意味のないことです。