万葉集 巻二 163 164 大津皇子(おおつのみこ)が亡くなった後に、大伯皇女(おおくのひめみこ)が伊勢の斎宮から上京した時に作られた歌二首

163
神風の 伊勢の国にも あらましを なにしか来けむ 君もあらなくに
かんかぜの いせのくににも あらましを なにしかきけん きみもあらなくに

164
見まく欲り 我がする君も あらなくに なにしか来けむ 馬疲るるに
みまくほり あがするきみも あらなくに なにしかきけん うまつかるるに

<私の想像を加えた歌の意味>
163
都に来ずに伊勢にいた方がよかった。
大津皇子のいない都に来ても、何のために来たと言うのでしょうか。

164
一目会いたかった大津皇子は、もういません。
大津皇子のいない都に来ても、馬を疲れさせるだけです。

<歌の感想>
 105 106の短歌 は相聞だが、163 164は挽歌に分類されている。
 大津皇子を喪った悲痛な気持ちは伝わるが、それほど強い印象は受けない。諦めの感情が漂って来るようにも思える。