万葉集 巻二 103 104 

103 天皇が藤原夫人に与えられた御歌一首

わが里に 大雪降れり 大原の 古りにし里に 降らまくはのち
わがさとに おおゆきふれり おおはらの ふりにしさとに ふらまくはのち

104 藤原夫人が答え奉った歌一首 

わが岡の 龗に言ひて 降らしめし 雪の嶊けし そこに散りなむ
わがおかの おかみにいいて ふらしめし ゆきのくだけし そこにちりなん

<私が考えた歌の意味>
103
わが里には大雪が降った。
あなたのいる大原の旧都に、雪が降るのはまだ先のこと。

104
私がいる大原の岡の神に言って、雪を降らせました。
その雪の砕けた破片が、そちらに降ったのでしょう。

<私の想像を加えた歌の意味>
103
こちらでは、大雪が降りました。
辺り一面美しい雪景色です。
あなたが里帰りしている大原の古都では雪はまだ降りません。
そちらで雪景色を見れるのは、まだまだ先になります。

104
何をおっしゃっているのですか。
私は、大原の岡の神に言って、こちらでもう雪を降らせました。
そちらの雪こそ、大原に降った雪が砕けて散ったものでしょう。

<歌の感想>
 口訳萬葉集 折口信夫を読むと、このやり取りが生き生きと伝わってくる。引用する。

103
 お前は羨ましかろうね。私の住んでいる里には、こんなに大雪が降つたぞ。その大原の、さびれてしまうた里に降るのは、大方後のことだらう。

104
 大変御自慢ですが、あなた様の處へ降つたのは、わたしが住んで居ます岡の雨龍(あまりゅう)に頼んで、わたしの慰みに降らした雪の破片(かけら)が、其處まで散つて行つたのでありませう。