巻三 236 天皇が志斐の嫗に遣わされた御歌一首否と言へど 強ふる志斐のが 強ひ語り このころ聞かずて 朕恋ひにけりいなといえど しうるしいのが しいかたり このころきかずて あれこいにけり<私の想像を加えた歌の意味>何回も聞かされて、もう聞くのも飽きてしま…
>>続きを読む