万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

2018年02月

石川啄木『一握の砂』「煙」 より見よげなる年賀の文(ふみ)を書く人とおもひ過ぎにき三年(みとせ)ばかりは<私の想像を加えた歌の意味>在学中はそれほど親しい友人ではなかった。卒業してから、その友人から年賀状をもらった。その年賀状は工夫されていて、見て楽しか…
>>続きを読む

万葉集 巻三 235 天皇が雷岳にお出ましの時、柿本朝臣麻呂が作った歌大君は 神にしいませば 天雲の 雷の上に 庵りせるかもおおきみは かみしいませば あまくもの いかずちのうえに いおりせるかも<私が考えた歌の意味>天皇様は、雷岳でお泊りになられる。天皇様…
>>続きを読む

万葉集 巻二 234 或る本の歌に言う(233~234)三笠山 野辺行く道 こきだくも 荒れにけるかも 久にあらなくにみかさやま のべゆくみち こきだくも あれにけるかも ひさにあらなくに<私の想像を加えた歌の意味>亡き親王様の御所へと通じていた三笠山の野原の道を…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 より人ごみの中をわけ来(く)る我が友の昔ながらの太き杖かな<私の想像を加えた歌の意味>駅前の雑踏をかき分けるようにしてやって来た。私の姿を見つけると、友はうれしそうな顔をして、周りの人々の視線など気にしていない。友は、人ごみの…
>>続きを読む

万葉集 巻二 233 或る本の歌に言う(233~234)高円の 野辺の秋萩 な散りそね 君が形見に みつつ偲はむたかまとの のべのあきはぎ なちりそね きみがかたみに みつつしぬわん<私の想像を加えた歌の意味>高円の野辺に萩が咲く頃となった。亡くなった親王は、この…
>>続きを読む