万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

2017年12月

石川啄木『一握の砂』「煙」 より解剖せし蚯蚓(みみず)のいのちかなしかりかの校庭の木柵の下<私が考えた歌の意味>授業でミミズを解剖した。解剖されたミミズは、校庭の木の柵の下に埋められた。学習のためだとは分かっているが、ミミズにだっていのちはあるのだ。<歌…
>>続きを読む

万葉集 巻二 223 柿本朝臣人麻呂が石見国にあって死ぬ時に、自ら悲しんで作った歌一首鴨山の 岩根しまける 我をかも 知らにと妹が 待ちつつあるらむかもやまの いわねしまける われをかも しらにといもが まちつつあらん<私が考えた歌の意味>鴨山の山中で動けな…
>>続きを読む

万葉集 巻二 222 讃岐の挟岑(さみね)の島で、岩の間の死人を見て、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌(220~222)沖つ波 来寄する荒磯を しきたへの 枕とまきて 寝せる君かもおきつなみ きよするありそを しきたえの まくらとまきて なせるきみかも<私の想像…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 より愁(うれ)へある少年の眼にうらやみき小鳥の飛ぶを飛びて歌うを<私が考えた歌の意味>愁いや哀しみの心を持つ少年にはうらやましかった。小鳥が自由に空を飛びまわるのが。その小鳥が飛びながら楽し気に歌うのが。<歌の感想> 啄木が「…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 より石ひとつ坂をくだるがごとくにも我けふの日に到り着きたる<私が考えた歌の意味>ひとつの石が坂をくだるように、私は、今日の日にたどり着いた。<歌の感想> あっという間に時間が過ぎることだけを表現しているのではあるまい。何もかも…
>>続きを読む

万葉集 巻二 221 讃岐の挟岑(さみね)の島で、岩の間の死人を見て、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌(220~222)妻もあらば 摘みて食げまし 沙弥の山 野の上のうはぎ 過ぎにけらずやつまもあらば つみてたげまし さみのやまの ののうえのうわぎ すぎにけらず…
>>続きを読む

万葉集 巻二 220 讃岐の挟岑(さみね)の島で、岩の間の死人を見て、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌(220~222)玉藻よし 讃岐の国は 国からか 見れども飽かぬたまもよし さぬきのくには くにからか みれどもあかぬ神からか ここだ貴き 天地 日月とともにか…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 よりそのかみの愛読の書よ大方は今は流行(はや)らずなりにけるかな<私が考えた歌の意味>過ぎ去ったあの頃に愛読した何冊もの本。あの頃は、流行し、もてはやされた書物だった。それらの本の大半は、今はもう流行遅れで、読み継がれることは…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 より西風に内丸大路(うちまるおほぢ)のさくらの葉かさこそ散るを踏みて遊びき<私が考えた歌の意味>西風に内丸大路のさくらの葉が散る。道路一面に散り敷いたさくらの葉は、歩むに連れて音を立てる。さくらの葉はかさこそと散り、かさこぞと…
>>続きを読む

万葉集 巻二 219 吉備津采女が死んだ時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌 (217~219)※以前の記事を改めた。 そら数ふ 大津の児が 逢ひし日に 凡に見しくは 今ぞ悔しきそらかぞう おおつのこらが あいしひに おおにみしくは いまぞくやしき<私の想像を…
>>続きを読む

万葉集 巻二 218 吉備津采女が死んだ時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌 (217~219)※以前の記事を改めた。楽浪の 志賀津の児らが 罷り道の 川瀨の道を 見ればさぶしもささなみの しがつのこらが まかりじの かわせのみちを みればさぶしも<私の想像を…
>>続きを読む

万葉集 巻二 217 吉備津采女が死んだ時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌 (217~219)※以前の記事を改めた。秋山の したへる妹 なよ竹の とをよる児らはあきやまの したえるいも なよたけの とおよるこらはいかさまに 思ひ居れか 拷縄の 長き命をいかさ…
>>続きを読む

万葉集 巻二 216 或る本の歌に言う (213~216)※以前の記事を改めた。家に来て 我が屋を見れば 玉床の 外に向きけり 妹が木枕いえにきて わがやをみれば たまどこの よそにむきけり いもがこまくら<私が考えた歌の意味>なきがらを葬って家に戻った。家の中を…
>>続きを読む

万葉集 巻二 214 或る本の歌に言う (213~216)去年見てし 秋の月夜は 渡れども 相見し妹は いや年離るこぞみてし あきのつくよは わたれども あいみしいもは いやとしさかる<私の想像を加えた歌の意味>亡き妻の姿がだんだんに薄れていく。時の流れは変化がな…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 より神有りと言ひ張る友を説きふせしかの路(みち)ばたの栗の樹の下(もと)<私が考えた歌の意味>神は存在すると、友達は言い張る。私は友のその主張を覆した。友とそんな論争をしたのは、あの道端の栗の大樹の下だった。<歌の感想> 懐か…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 より盛岡の中学校のバルコンの欄干(てすり)に最一度(もいちど)われを倚(よ)らしめ<私が考えた歌の意味>盛岡中学校のバルコニーを思い出す。あの手すりにもう一度よりかかって、周りを眺めてみたい。かなうものなら、私をあの場所にもど…
>>続きを読む

万葉集 巻二 212 或る本の歌に言う (213~216)うつそみと 思ひし時に たづさわり 我が二人見しうつそみと おもいしときに たづさわり わがふたりみし出で立ちの 百枝槻の木 こちごちに 枝させるごといでたちの ももえつきのき こちごちに えださせるごと春…
>>続きを読む