万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

2017年10月

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より旅のやど水に端居(はしゐ)の僧の君いみじと泣きぬ夏の夜の月<私の想像を加えた歌の意味>旅の宿、僧のあなたは、川面の見える縁側に座っておいでになる。せっかく、二人で旅に出たのに、僧のあなたは私を見ようともなさらない。私…
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりくれなゐの薔薇(ばら)のかさねの唇に霊の香のなき歌のせますな<私が考えた歌の意味>唇は、紅の薔薇の花びらの重なり。この唇に、魂の香りのない歌を詠ませることはさせない。<私の想像を加えた歌の意味>紅の薔薇の花びらを重ね…
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりみだれごこちまどひごこちぞ頻(しきり)なる百合ふむ神に乳(ちゝ)おほひあへず<私が考えた歌の意味>心は、乱れに乱れ、迷いに迷う。恋心なぞに惑うことのないあなた。あなたの前では乳房を覆うこともしません。<歌の感想> 作…
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりゆあみする泉の底の小百合花(さゆりばな)二十(はたち)の夏をうつくしと見ぬ<私が考えた歌の意味>湯船に身を横たえます。湯に入った体は、泉の底に咲く小百合の花です。二十の夏を迎えた体は、美しいのです。<歌の感想> 裸体…
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より春雨にゆふべの宮をまよひ出でし子羊君(きみ)をのろはしの我<私が考えた歌の意味>春雨の夕べ、子羊のように家を出て来ました。私を迷う子羊にしてしまうあなたのことが憎らしい。<歌の感想> 恋する自己に、陶酔している雰囲気…
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりさて責むな高きにのぼり君みずや紅(あけ)の涙の永刧(えいごふ)のあと<私が考えた歌の意味>そんなに責めないで、いつまでもいつまでもあなたを思って流した涙のあとを。あなたは、私の恋心など届かないところにいるのでしょうか…
>>続きを読む

万葉集 巻二 198 明日香皇女の城上(きのえ)の殯宮の時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌(196~198)明日香川 明日だに見むと 思へやも 我が大君の 御名忘れせぬあすかがわ あすだにみんと おもえやも わがおおきみの みなわすれせぬ<私の想像を加えた歌…
>>続きを読む

万葉集 巻二 197 明日香皇女の城上(きのえ)の殯宮の時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌(196~198)明日香川 しがらみ渡し 塞かませば 流るる水も のどかにあらましあすかがわ しがらみわたし せかませば ながるるみずも のどかにあらまし<私の想像を加…
>>続きを読む

万葉集 巻二 196 明日香皇女の城上(きのえ)の殯宮の時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌飛ぶ鳥の 明日香の川の 上つ瀬に 石橋渡しとぶとりの あすかのかわの かみつせに いしばしわたし下つ瀬に 打橋渡す 石橋に 生ひなびけるしもつせに うちはしわたす…
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より御相(みさう)いとどしたしみやすきなつかしき若葉木立(わかばこだち)の中(なか)の盧舎那仏(るしゃなぶつ)<私が考えた歌の意味>若葉の繁る木々の中に盧舎那仏がお姿を見せている。盧舎那仏のお顔は、たいそう親しみやすく、…
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より雨みゆるうき葉しら蓮(はす)絵師の君に傘まゐらする三尺の船<私が考えた歌の意味>雨の池を白蓮の葉が覆っている。小舟で絵師のあなたは、白蓮を描いている。私は、小舟のあなたに傘を差しかけます。<歌の感想> 幻想的な光景だ…
>>続きを読む

みだれ髪 臙脂紫 以前の記事を改めた髪五尺ときなば水にやはらかき少女(をとめ)ごころは秘めて放たじ<私が考えた歌の意味>豊かな髪が、水に浮き、柔らかく広がります。髪は、といたなら広がりますが、乙女心はそうはいきません。乙女心は、そっと隠しておくことにしま…
>>続きを読む

万葉集 巻二 170 日並皇子尊の殯宮の時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌 或る本の歌一首(167~170から) 巻二 167 168 169 170島の宮 勾の池の 放ち鳥 人目に恋ひて 池に潜かずしまのみや まがりのいけの はなちどり ひとめにこいて いけにかずかず…
>>続きを読む

万葉集 巻二 195 柿本朝臣人麻呂が泊瀬部皇女(はつせべのひめみこ)と忍坂部皇子(おさかべのみこ)とに奉った歌一首と短歌しきたへの 袖かへし君 玉垂れの 越智野過ぎ行く またも逢はめやもしきたえの そでかえしきみ たまだれの おちのすぎゆく またもあわめや…
>>続きを読む

万葉集 巻二 194 柿本朝臣人麻呂が泊瀬部皇女(はつせべのひめみこ)と忍坂部皇子(おさかべのみこ)とに奉った歌一首と短歌飛ぶ鳥の 明日香の川の 上つ瀬に 生ふる玉藻はとぶとりの あすかのかわの かみつせに おうるたまもは下つ瀬に 流れ触らばふ 玉藻なす か…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 よりよく叱る師ありき髭(ひげ)の似たるより山羊(やぎ)と名づけて口真似もしき<私が考えた歌の意味>しょっちゅう叱る先生がいた。その先生の髭は山羊の髭みたいだったので、あだ名を「山羊」とつけた。その先生の口真似なんかもした。<歌…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 より夜寝ても口ぶえ吹きぬ口ぶえは十五のわれの歌にしありけり<私の想像を加えた歌の意味>学校の成績は良かったのに、ある時から勉強に興味がなくなった。友達が夢中になっている遊びにも加わりたくなかった。あの頃、やっていて楽しかったの…
>>続きを読む