万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

2017年08月

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 よりやとばかり桂首相に手をとられし夢みて覚めぬ秋の夜の二時<私の想像を加えた歌の意味>ヤアヤアと桂首相が私の手を取って迎えてくれた。そんな夢を見て、秋の夜の二時に目が覚めた。夢でしかないのだが、政治の中枢で活躍してみ…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より誰(た)そ我にピストルにても撃(う)てよかし伊藤のごとく死にて見せなむ<私が考えた歌の意味>誰か、私をピストルで撃てばよい。そうしたら、伊藤首相のように潔く死んでみせよう。<歌の感想> 潔く死んで見せよう、と作者…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より何事も金金とわらひすこし経(へ)てまたも俄(には)かに不平つのり来(く)<私の想像を加えた歌の意味>世の中は結局のところ、金が全てを回している。企業も政府も金を求めて動いている。そんなつまらない世の中や、社会を動…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より何事も思ふことなくいそがしく暮せし一日(ひとひ)を忘れじと思ふ<私の想像を加えた歌の意味>過去を思い出したり、他人が自分を見る眼を気にしたりすることがない一日だった。それほどすべきことを次々とやり、忙しかった。思…
>>続きを読む

※168・169・170については、以前の記事を改めた。万葉集 巻二 167 169 170日並皇子尊の殯宮の時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌167天地の 初めの時の ひさかたの 天の河原にあめつちの はじめのときの ひさかたの あまのかわらに八百万 千万神の 神集ひ…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 よりはても見えぬ真直(ますぐ)の街をあゆむごとこころを今日は持ちえたるかな<私の想像を加えた歌の意味>行きつく先が見えないほど真っ直ぐな街路が続いている。どんなに先が遠くとも、この真っ直ぐな道を歩いて行こうと決意した…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 よりくだらない小説を書きてよろこべる男憐れなり初秋の風<私が考えた歌の意味>くだらない小説なのに、本人は傑作が書けたと喜んでいる。その男が憐れだ。憐れさを増すかのごとく初秋の風が吹く。<歌の感想> 啄木は、くだらない…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 よりわが抱(いだ)く思想はすべて金なきに因(いん)するごとし秋の風吹く<私が考えた歌の意味>私がもつ思想は、すべて私に金がないことが出発点になっているようだ。そう思い至った時、秋風の吹くのを感じた。<歌の感想> この…
>>続きを読む

※以前の記事を改めた。万葉集 巻二 165 166 大津皇子の遺体を葛城の二上山に移葬した時に、大伯皇女が悲しんで作られた歌二首165うつそみの 人なる我や 明日よりは 二上山を 弟と我が見むうつそみの ひとなるわれや あすよりは ふたがみやまを いろせとわがみん…
>>続きを読む

※以前の記事を一部改めた。万葉集 巻二 163 164 大津皇子が亡くなった後に、大伯皇女が伊勢の斎宮から上京した時に作られた歌二首163神風の 伊勢の国にも あらましを なにしか来けむ 君もあらなくにかんかぜの いせのくににも あらましを なにしかきけん きみも…
>>続きを読む

万葉集 巻二 162 天皇が崩御して八年後の九月九日、御斎会の夜に、夢の中で繰り返しお唱えになった歌一首明日香の 清御原の宮に 天の下 知らしめしし あすかの きよみのみやに あめのした しらしめししやすみしし 我が大君 高照らす 日の皇子 やすみしし わが…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より男とうまれ男と交わり負けてをりかるがゆゑにや秋が身に沁む<私が考えた歌の意味>男子と生まれて、男子の中で生きてきた。男としての戦いに負けている。男子らしく強く生きられぬゆえか、秋がわが身に沁みる。…
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりわすれがたきとのみに趣味をみとめませ説かじ紫その秋の花<私が考えた歌の意味>忘れがたいできごとだったとだけ思ってください。あなたに恋の思いを伝えることはもうしません。秋の花の紫色が心にしみます。<私の想像を加えた歌の…
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりゆるしたまへあらずばこその今のわが身うすむらさきの酒うつくしき<私が考えた歌の意味>どうぞ許してください。今の私はいない方がいいです。うすむらさきの酒がそう思うほどに美しく感じられます。<私の想像を加えた歌の意味>も…
>>続きを読む

万葉集 巻二 160 161 一書に、天皇が崩御した時に、太上天皇(持統)が作られた御歌二首160燃ゆる火も 取りて包みて 袋には 入るとはいはずやも 智男雲もゆるひも とりてつつみて ふくろには いるとはいわずやも 智男雲※結句「智男雲」は解読不能。(日本古典文…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2017/6/21 あるきだす言葉たち 英雄 小島 一記(こじま かずき)たまきわるAI独裁政権下ノートに物を書く罪あらん AIが社会の機構の隅々にまで浸透し、まるで独裁政権のように全ての意思決定をするようになれば、個人が個の考えを表現することさえも禁止さ…
>>続きを読む