万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

2016年08月

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より飄然と家を出でては 飄然と帰りし癖よ友はわらへど<口語訳>誰にも何も言わずにふらりと家を出る。いつ帰るとも知らせず、どこへ行ったかも言わずふらりと家へ戻る。友人は、私がそんなことをたびたびするのを笑っている。<意…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より大といふ字を百あまり砂に書き死ぬことをやめて帰り来れり<口語訳>砂の上に「大」という字をいくつもいくつも書いてみた。死のうという気持ちが消えてしまい、海岸を後にした。<意訳>この気持ちをどうすることもできず、また…
>>続きを読む

 山上憶良の 銀も 金も玉も 何せむに 優れる宝 子にしかめやも は、有名な短歌だ。 だが、作品からイメージできる情景はほとんどない。また、作者の個人の心情というよりは、非常に広い範囲の人々がもつ心情が表現されている。 また、この反歌から、当時既に金銀財…
>>続きを読む

巻五 803銀も 金も玉も 何せむに 優れる宝 子にしかめやもしろかねも くがねもたまも なにせんに まされるたから こにしかめやも<口語訳>銀も金も珠玉も、どうしてこの世で最も値打ちのある宝といえるだろうか。子どもに勝る宝などこの世にはない。<意訳>世間で…
>>続きを読む

802 山上憶良瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆうりはめば こどもおもおゆ くりはめば ましてしぬわゆいづくより 来たりしものそ まなかひに もとなかかりていずくより きたりしものそ まなかいに もとなかかりて安眠しなさぬやすいしなさぬ<口語訳…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 よりしつとりとなみだを吸へる砂の玉なみだは重きものにしあるかな<口語訳>砂の玉がしっとりと涙に濡れた。その砂の玉が重く感じられる。この重さは涙の重さなのだろう。<意訳>手にした砂が私の涙でしっとりと濡れた。手の中の濡…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より砂山の裾によこたはる流木にあたりを見まはし物言ひてみる<私が考えた歌の意味>砂山の外れに流木が横たわっている。辺りに見回したが、砂浜に人はいない。その流木に話しかけてみた。<私の想像を加えた歌の意味>辺りには誰も…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より砂山の砂に腹這い初恋のいたみを遠くおもひ出づる日<私の想像を加えた歌の意味>今日も海へ一人でやって来た。今日は気持ちが安らかだ。遠い昔の初恋にまつわる悲しみを思い出した。私にも今日のように思い出に浸る日もある。<…
>>続きを読む

巻五 801ひさかたの 天路は遠し なほなほに 家に帰りて 業をしまさにひさかたの あまじはとおし なおなおに いえにかえりて なりをしまさに<口語訳>新日本古典文学大系 萬葉集一 岩波書店 より引用(ひさかたの)天に到る道は遠い。素直に家に帰って仕事をしな…
>>続きを読む

巻五 800父母を 見れば尊し 妻子見れば めぐし愛しちちははを みればたっとし めこみれば めぐしうつくし世の中は かくぞことわり もち鳥の かからはしもよ よのなかは かくぞことわり もちどりの かからわしもよ 行くへ知らねば うけ沓を 脱ぎつるごとく …
>>続きを読む

巻五 797大野山 霞立ちわたる 我が嘆く おきその風に 霧立ちわたるおおのやま かすみたちわたる わがなげく おきそのかぜに きりたちわたる<口語訳>新日本古典文学大系 萬葉集一 岩波書店 より引用大野山に霧が一面に立ちこめる。私が嘆くため息の風によって霧…
>>続きを読む

巻五 798妹が見し 楝の花は 散りぬべし 我が泣く涙 いまだ干なくにいもがみし おうちのはなは ちりぬべし わがなくなみだ いまだひなくに<口語訳>妻が見た楝の花はもう散るであろう。亡くなった妻を思い出して泣く私の涙は、まだまだ乾くことはないのに。<意訳>…
>>続きを読む

 「挽歌」に注目したことはなかった。万葉集の分類としても、一般なジャンルとしても、意識して読んだことはない。 最近、万葉集巻五と石川啄木『一握の砂』を読んでいる。 万葉集巻五の部立ては雑歌であるが、793~799までは内容からすると挽歌だ。 『一握の砂』の成立…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 よりひと夜さに嵐来たりて築きたるこの砂山は何の墓ぞも<口語訳>一夜の嵐が築いたこの砂山は、いったい何の墓なのか。<意訳>一夜の嵐で砂山が築かれていた。砂山が墓に見える。この砂山は、いったい何の墓なのか。 愛する人を亡…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 よりいたく錆びしピストル出でぬ砂山の砂を指もて掘りしありしに<口語訳>錆びついたピストルが出てきた。砂山の砂を指で掘っていると、そこにあったのだ。<意訳>海に一人で来た。何をしに来たというのでもない。砂山の砂を意味も…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より大海にむかひて一人七八日泣きなむとすと家を出でにき<私が考えた歌の意味>一人だけで大海に向かって泣く。そんな日を七日、八日と過ごしている。今日もまた、海に行き、泣こうと家を出た。<私の想像を加えた歌の意味>海に向…
>>続きを読む