万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

2016年07月

『一握の砂』 「我を愛する歌」  東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる<口語訳>東海の小島の磯の白い砂浜に来た。誰もいないこの浜辺に独りいる。涙が流れる。涙を拭うこともせず、蟹と遊ぶ。<意訳>この白い砂浜には誰もいない。私だけだ。磯の陰から蟹…
>>続きを読む

巻五 797悔しかも かく知らませば あをによし 国内ことごと 見せましものをくやしかも かくしらませば あおによし くぬちことごと みせましものを<意訳>こんなことになるのなら、せめてせめて一緒に国中を旅すればよかった。口語訳は、新日本古典文学大系 萬葉集…
>>続きを読む

巻五 796はしきよし かくのみからに 慕ひ来し 妹が心の すべもすべなきはしきよし かくのみからに したいこし いもがこころの すべもすべなき<口語訳>こんなことになってしまうとは。私を慕って来た妻の気持ちを思うと、何を思い何をしても気持ちが安らぐことがな…
>>続きを読む

巻五 795反歌家に行きて いかにか我がせむ 枕づく つま屋さぶしく 思ほゆべしもいえにいきて いかにあがせん まくらづく つまやさぶしく おもおゆべしも<口語訳>妻を葬って、家に戻って私は何をすればいいのだろう。妻をしのぶもののなくなってしまった寝室に戻っ…
>>続きを読む

巻五 794日本挽歌一首にっぽんばんか大君の 遠の朝廷と しらぬひ 筑紫の国に おおきみの とおのみかどと しらぬい つくしのくにに 泣く子なす 慕ひ来まして 息だにも いまだ休めず  なくこなす したいきまして いきだにも いまだやすめず 年月も いまだあ…
>>続きを読む

  太宰帥大伴卿の、凶問に報へし歌一首禍故重畳し、凶問塁集す。永く崩心の悲しびを懐き、独り断腸の涙を流す。但両君の大助に依りて、傾命わづかに継ぐのみ。筆は言を尽くさず。古今に嘆く所なり。 大伴の旅人が知人の死を知らせる手紙に答えた歌一首不幸が続き、親しい…
>>続きを読む

『みだれ髪』 臙脂紫その子二十歳櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな<口語訳>その娘は二十歳。櫛けずる黒髪は艶やかで、美しい。惜しげもなく、命の輝きを放っている。<意訳>私は今二十歳。人生の春、生命が輝いている。櫛けずる黒髪は、美しさにあふれる。…
>>続きを読む

『みだれ髪』 臙脂紫椿それも梅もさなりき白かりきわが罪問はぬ色桃に見る<口語訳>椿の色も好きだけれど、梅の色も好きだけれど、なんとなくその白がしっくりこない。私の心の罪を責めない色は、桃の色だけ。<意訳>椿の白も、梅の白も、けがれがなくてわたしの心の罪を…
>>続きを読む

みだれ髪 臙脂紫髪五尺ときなば水にやはらかき少女ごころは秘めて放たじ<口語訳>五尺の髪を解くと水に柔らかく広がる。少女の心も開放すると、解いた髪のようになるでしょう。でも、少女の心は解き放つことはありません。<意訳>結っている長い髪を解いて湯に入ると、柔…
>>続きを読む

『みだれ髪』 臙脂紫歌にきけな誰れ野の花に紅き否むおもむきあるかな春罪もつ子<口語訳>歌の世界に尋ねてみましょう。野の花に紅い花はいやだという人がいるのかを。それは人生の春に罪なことに心を動かす娘をいやだというのと同じではありませんか。<意訳>詩の中で、…
>>続きを読む

 鶯を題材にした西行の和歌を読み、万葉集での鶯の歌を何首か探してみた。近代ではどうかと思い、『みだれ髪』を初めて開いた。 驚いた。 何首読んでも、すんなりと理解できる作品がないのだ。記事で取り上げた作はまれなわかる作品だった。 『赤光』と『一握の砂』は、…
>>続きを読む

みだれ髪 臙脂紫 与謝野晶子夜の帳にさざめき尽きし星々の今を下界の人の鬢のほつれよ<口語訳>夜のとばりにつつまれてささやき尽くした星々の今この時を、下界では人の髪のほつれが。<意訳>天空では星々が夜のとばりにつつまれて思う存分ささやき合っている。下界では…
>>続きを読む

みだれ髪 蓮の花船 与謝野晶子鶯に朝寒からぬ京の山おち椿ふむ人むつまじき<私の想像を加えた歌の意味>鶯の鳴き声が京の山に聞こえている。早朝の山なのに寒さはなく、春の朝だ。椿の花が散った山路が続く。その散った椿を踏み二人連れが歩いてくる。二人は夫婦だろうか…
>>続きを読む