西行 山家集 上巻 春 45 7026

春雨の 軒たれこむる つれづれに 人に知られぬ 人の住家か
はるさめの のきたれこむる つれづれに ひとにしられぬ ひとのすみかか

<私が考えた歌の意味>
春雨が降り続き、軒からの雨だれがすだれのようだ。
こうやって、何をするということもなく家にいると、この家に住んでいた人のことが思われる。
ここに住んでいた人は、人と交わることもなく暮らしていたのだろう。

<私の想像を加えた歌の意味>
春雨の日が降り続き、軒から雨だれがすだれのように見えている。
雨だれの音を聞きつつ、なにをするでもなく家にいる。
訪れる人もなく、家の中は静かだ。
この住処は、世の中と交わらぬ人が暮らすにふさわしい。

<歌の感想>
 44と45では住居のことが詠まれている。庭や住居の造りよりは、住んでいる人の好みが重要視されている。