万葉集 巻一 42 柿本人麻呂

伊勢国に幸したまひし時に、京に留まりし柿本朝臣人麻呂の作りし歌

潮さゐに 伊良麌の島辺 漕ぐ船に 妹乗るらむか 荒き島廻を
しおさいに いらごのしまへ こぐふねに いものるらんか あらきしまみを

<私の想像を加えた歌の意味>
船は、今頃、伊良湖の島の辺りまで進んでいる。
あの女(ひと)も、船に乗っている。
あの女(ひと)は、怯えていないだろうか。
潮騒が轟き、波が渦巻く荒々しい海の上で。

 短歌の表現と題詞から、人麻呂が想像しての作であることがわかる。想像だけで作った作品は、力のないものになることが多い。それなのに、この作は力強い。
 想像だけで作っているというよりは、距離と時間を超えて、人麻呂が感じ取っていることで短歌ができあがっていると感じる。
 以前にこの短歌を考えたときは、「妹」がこの海の景色を味わっている、と受け取った。
 今回は、味わっている、だけとは取らなかった。「妹」は、荒々しい海の景色を、不安も感じながら見入っている、と受け取った。人麻呂は、「妹」のそのような心情を想像しているような気がする。
 船の進路、航路の景色、船上の人の心情、これだけのことを推測して、それを無理なく三十一音で表現している。どうして、こういうことができるのか、不思議だ。