万葉集 巻一 79

大君の 命かしこみ にきびにし 家を置き
おおきみの みことかしこみ にきびにし いえをおき

こもりくの 泊瀬の川に 舟浮けて 我が行く川の
こもりくの はつせのかわに ふねうけて わがいくかわの

川隈の 八十隈おちず 万たび かへり見しつつ
かわくまの やそくまおちず まろずたび かえりみしつつ

玉鉾の 道行き暮らし あをによし 奈良の京の
たまほこの みちいきくらし あおによし ならのみやこの

佐保川に い行き至りて 我が寝たる 衣の上ゆ
さほがわに いゆきいたりて わがねたる ころものうえゆ

朝月夜 さやかに見れば 栲のほに 夜の霜降り

あさづくよ さやかにみれば たえのほに よるのしもふり

岩床と 川の氷凝り 寒き夜を 息むことなく
いわとこと かわのひこごり さむきよを やすむことなく

通ひつつ 作れる宮に 千代までに いませ大君よ

かよいつつ つくれるみやに ちよまでに いませおおきみよ

我も通はむ

われもかよわん

<私が考えた歌の意味>
大君の命令を受け、慣れた家を後に残して、泊瀬の川を舟で下る。
川を下りながら、何度も何度も故郷を振り返り見る。
道の途中で日も暮れ、奈良の新しい都の佐保川まで着き、そこで旅の宿りをする。
旅先の眠りから覚め、朝の月明かりで眺めると、真っ白に霜が降り、川の水が凍っている。
このように寒い夜にも、休むことなく通って作った宮殿に末永くお住まいください、大君よ。
私も新しい都に通い続けお仕えします。 

<私の想像を加えた歌の意味>
大君の仰せですので、住み慣れている家を後にして、奈良の都に向かいました。
舟で泊瀬の川を下り、何度も何度も家の方を振り返るうちに、日も暮れて、奈良の佐保川に着きました。
佐保川で仮寝をし朝起きると、朝の月明かりの中、真っ白な霜と川面が凍っている景色が見えます。
こんなに寒い所で、多くの人々が休むことなく働いてできあがった新しい都だということがよく分かります。
大君は、このような大工事で造営された奈良の宮殿で末永く在位されることでしょう。
私も、大君のいられるかぎり通ってまいります。

<歌の感想>
 意味が通じない長歌と感じる。作者の本心は、新しい都へ行きたくないとも受け取れる。しかし、それでは、天皇の意向に逆らうことになる。
 奈良の都を讃える語句はないが、やはり新しい「宮」をほめる趣旨の歌なのであろう。
 口訳萬葉集 折口信夫に、次のようにある。
 つじつまのあはぬ處のある歌であるが、ともかくも、要所々々は確かに捉へてゐる。