万葉集 巻一 74

み吉野の 山のあらしの 寒けくに はたや今夜も 我がひとり寝む
みよしのの やまのあらしの さむけくに はたやこよいも あがひとりねん

<私が考えた歌の意味>
吉野の山は嵐で、寒い風が吹きつけてくる。
こんな夜なのに、今晩も私は一人で寝るのだろうか。

<私の想像を加えた歌の意味>
旅に出ないで、都にいたなら夜は妻と一緒に床についているだろう。
今は、旅先なので、今晩も一人で寝ることだろう。
吉野の山は嵐で、風が寒い。
寒い夜だと、妻と一緒の暖かい床がいっそう恋しい。

<歌の感想>
 行幸の意義と晴れやかな部分は、行幸に伴う儀式などで大いに語られることが想像できる。その一方で、旅に伴う辛さも表現されたのであろう。旅に伴う苦労や故郷の家族を思う心情を表現するには、短歌という形式がふさわしいと、当時から思われていたと思う。
 この歌の意味は、分かりやすい。それだけに、現代の感覚で個人の感傷ととらえない方がよいのだろう。
 「み吉野」の地名が、効果的に詠み込まれているのが重要なのだ。さらに、旅先では皆がこういう気持ちになる、と共感しあう意識の方が、作者個人の心情よりも色濃く表現されていると感じる。