万葉集 巻一 58

いづくにか 船泊てすらむ 阿礼の崎 漕ぎたみ行きし 棚なし小舟
いずくにか ふなはてすらん あれのさき こぎたみいきし たななしおぶね

<私が考えた歌の意味>
阿礼の崎を漕ぎめぐっていたあの小舟は、今ごろは、どこの海岸に着いたろうか。

<私の想像を加えた歌の意味>
棚なし小舟が、阿礼の崎をゆっくりと航行していた。
阿礼の崎の風景を楽しみながら、船旅をしていたのだろう。
あの小舟は、今ごろはどこかに停泊していることだろう。
小舟の姿が見えなくなった阿礼の崎は、いつもに変わらぬ景色を見せている。

<歌の感想>
 時間の経過に注目すると、棚なし小舟が見えていたのは過去のことだ。現在見えているのは、船の姿のない阿礼の崎だ。そして、あの見えていた小舟はどこに停泊しているだろう、と距離的に離れた所を推測している。
 このように考えると、さらに想像が膨らむ。
 作者は、この小舟に乗っているのではないか。船は、阿礼の崎を巡って、今は目的地に停泊している。そういう状況で、我々の小舟を海岸から眺めていれば、きっとこのように見え、感じられると、表現していると考えてみた。