石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

路傍(みちばた)に犬ながながと欠伸(あくび)しぬ
われも真似しぬ
うらやましさに

<私が考えた歌の意味>
道端で犬が長々と体を伸ばしてあくびをした。
私も真似をした。
犬の気ままさがうらやましいので。

<歌の感想>
 説明が多い作品だ。説明が多すぎてよくないとでも批評されるのではないかと思う。だが、啄木自身が選んで歌集に入れているのだから、啄木にとっては失敗作ではないのであろう。
 この歌集では、一首で表現したいことがはっきりとしていると感じる。この一首では、犬の欠伸を見てうらやましくなり、うらやましいだけでなく、自分も欠伸をしたという思いと行動を表現したかったのである。それ以外のその時の気分だとか、周囲の様子などは作者の意図にはない。

 「犬が長く欠伸をした」の方が表現に忠実だと思うが、私の感覚で「体を伸ばして」とした。