万葉集 巻二 209 柿本人麻呂 (再考)

もみち葉の 散り行くなへに 玉梓の 使ひを見れば 逢ひし日思ほゆ
もみちばの ちりゆくなえに たまづさの つかいをみれば あいしひおもおゆ

<私が考えた歌の意味>
黄葉の散る時期に妻の死を知らせる使いの人が来た。
妻と何度も逢ったのは黄葉の散る今頃だった。
悲しい知らせなのに、思い出すのは妻と逢って過ごした日のことだ。

<歌の感想>
 「使ひ」使いの人をどう見るかで、意味が変わってくる。
 以前の記事では、妻の所に便りを届けさせた使いの人と考えてみたが、そうすると、回りくどい感じがする。
 妻の死を知らせる使いの人と、妻の所へ便りを届けさせた使いの人を同一の人とした解釈もある。
 どの解釈がよいか、わからない。そこで、使いの人を、長歌207の妻の死を知らせた使いの人ととらえた。死を知らせる使いの人を見て、生前の逢った日々を思い出すのは無理があるような気もする。
 だが、この短歌では、黄葉の散るころという時期こそが大切だと思う。妻が亡くなったのも、妻と楽しい日々を送ったのも、黄葉の散っていくころだった。それを、つなぐのが「使ひ」だと感じた。