万葉集 巻一 5

霞たつ 長き春日の 暮れにける わづきも知らず
かすみたつ ながきはるひの くれにける わずきもしらず

むら肝の 心を痛み ぬえこ鳥 うらなけ居れば
むらぎもの こころをいたみ ぬえこどり うらなけおれば

玉だすき かけの宜しく 遠つ神 我が大君の
たまだすき かけのよろしく とおつかみ わがおおきみの

行幸の 山越す風の ひとり居る 我が衣手に
いでましの やまこすかぜの ひとりおる あがころもでに

朝夕に かへらひぬれば ますらをと 思へる我も
あさよいに かえらいぬれば ますらおと おもえるあれも

草枕 旅にしあれば 思ひ遣る たづきを知らに
くさまくら たびにしあれば おもいやる たずきをしらに

網の浦の 海女娘子らが 焼く塩の 思ひそ燃ゆる
あみのうらの あまおとめらが やくしおの おもいそもゆる

我が下心

あがしたごころ

<口語訳>日本古典文学全集 万葉集 小学館より引用
霞の立つ 長い春の一日が いつ暮れたのか 分からないほど (むら肝の) 心が苦しいので (ぬえこ鳥) 胸のうちで泣いていると (たまだすき) 言葉だけでも嬉しいことに (遠つ神) わが大君が 行幸なさっている この山を越えて来る風が ひとりきりの わたしの袖に 朝な夕な 故郷の方へ吹き返って行くので 偉丈夫だと 思っているわたしだが (草枕) 旅先にあるので 憂いを晴らす すべもないまま 網の浦の海人の 娘たちが 焼く塩のように 苦しく燃え続ける わたしの胸の内は 

<私の想像を加えた歌の意味>
長い春の一日がいつ暮れたのかわからないほど心が痛む。
妻と離れてひとりきりの私の心のうちを、朝に夕に故郷に届けるように、風が吹いて来る。
私の胸の内を妻のもとに届けてくれるのは、わが大君が行幸されているこの山を越えて吹き来る風だけだ。
旅先で妻を思う気持ちは強まるばかりだ。