万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

万葉集 巻二 114 115 116

114 但馬皇女(たじまのひめみこ)が高市皇子(たけちのみこ)の宮にいた時に、穂積皇子(ほずみのみこ)を思ってお作りになった歌一首
秋の田の 穂向きの寄れる 片寄りに 君に寄りなな 言痛くありとも
あきのたの ほむきのよれる かたよりに きみによりなな こちたくありとも

115 勅命によって穂積皇子を近江の志賀の山寺に遣わした時に、但馬皇女のお作りになった歌一首
後れ居て 恋ひつつあらずは 追ひ及かむ 道の隈廻に 標結へわが背
おくれいて こいつつあらずは おいしかん みちのくまみに しめゆえわがせ

116 但馬皇女が高市皇子の宮にいた時に、ひそかに穂積皇子と関係を結び、その事が露顕して、お作りになった歌一首
人言を 繁み言痛み 己が世に いまだ渡らぬ 朝川渡る
ひとことを しげみこちたみ おのがよに いまだわたらぬ あさかわわたる

<私が考えた歌の意味>
114
秋の田の実った稲穂は、同じ方向に靡きます。
その稲穂が靡くように、私もあなたに靡きたいのです。
たとえ、人のうわさが立ったとしても。

115
後に残っていて、あなたのことを恋しく思うのはいやです。
それくらいなら、残っていないであなたの後を追いかけていきたいのです。
あなたが進む道の曲り目ごとに、印をつけておいてください、あなた。

116
人のうわさがあまりにもうるさくなりました。
これ以上うわさが立ってはわずらわしくてなりません。
ですから、今まではしたことがありませんが、人目につかぬように朝の川を渡って帰ります。

<私の想像を加えた歌の意味>
114
あなたを恋しく思うなんてとんでもないと、世間の人から悪く言われようとかまいません。
私は、ぴったりとあなたに寄り添っていたいのです。

115
旅に出たあなたの帰りを待ち焦がれているなんて、いやです。
待っていないで、あなたのことを追いかけて行きます。
通った跡に印をつけておいてください、私が追いかけて行けるように。

116
朝にこっそりと帰るなどということは、今まで一度もしたことがありません。
でも、あなたと私の恋を非難するうわさがあまりに多く聞こえてきます。
これ以上、うわさになるのは困ります。
なるべく人目につかないように、あなたの所から帰る時は朝早くに帰ります。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

気抜けして廊下に立ちぬ
あららかに扉(ドア)を推(お)せしに
すぐ開きしかば

<私の想像を加えた歌の意味>
そのドアは簡単には開かないだろうと思い、力を込めて押した。
なんということもなく、スッと開いた。
勢い込んでいた気持ちが抜けて、廊下に立ち尽くしてしまった。

<歌の感想>
 何かを象徴的に表そうとしているとも感じる。しかし、短歌からはその何かの手掛かりになりそうなことは見つからない。むしろ、鍵がかかっていると思っていたドアを力を込めて押したら、鍵などは一切なかったという体験を描いているのだろう。
 そして、その体験が作者の現状と重なっているのではないか、と感じる。
 怒りや悲しみとは違うものが表現されているように思う。「気抜けして」から浮かんでくる空虚な思いとでも言えばよいのか。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

かうしては居(を)られずと思ひ
立ちにしが
戸外(おもて)に馬の嘶(いなな)きしまで

<私の想像を加えた歌の意味>
このままではいけないと思った。
とにかく何かをしなければと、立ち上がった。
立ち上がったはいいが、何をすべきか思いつかない。
その時、外で馬のいななきがした。
何かをしなければ、という気もなくなった。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

ある日のこと
室(へや)の障子をはりかへぬ
その日はそれにて心なごみき

<私が考えた歌の意味>
ある日のことだった。
部屋の障子を張り替えた。
その日は、それだけで心がなごんだ。

<私の想像を加えた歌の意味>
思い立って部屋の障子を張り替えた。
その日はそれで心がなごんだ。
私の日々は悲しく苦しい。
あれは、ある日のことだった。
悲しくも苦しくもないある日のことだった。

<歌の感想>
 この短歌を一首だけ読んだなら、日常に心の平安を得た作者を思い浮かべる。しかし、『一握の砂』の中で読むと、そうは受け取れない。「ある日のこと」とわざわざ示し、「その日は」とさらに強めていることからも、「ある日」が作者にとっては、稀な日であったと受け取れる。
 日々の生活が息苦しくなっている作者を感じる。

万葉集 巻二 111 112 113

111 (持統天皇が)吉野宮に行幸なさった時に、弓削皇子が額田王に贈り与えた歌一首
古に 恋ふる鳥かも ゆづるはの 御井の上より 鳴き渡り行く
いにしえに こうるとりかも ゆずるはの みいのうえより なきわたりゆく

112 額田王の答え奉った歌一首
古に 恋ふらん鳥は ほととぎす けだしや鳴きし 我がおもへるごと
いにしえに こうらんとりは ほととぎす けだしやなきし あがおもえるごと

113 吉野から下がり苔の生えた松の枝を折り取って送った時に、額田王がお返し申し上げた歌一首
み吉野の 玉松が枝は 愛しきかも 君がみ言を 持ちて通はく
みよしのの たままつがえは はしきかも きみがみことを もちてかよわく

<私が考えた歌の意味>
111
ユズリハの樹の傍の井戸の上を鳥が鳴きながら飛んでいく。
昔のことを恋い慕う鳥なのであろうか。

112
昔を恋しく思って鳴く鳥はホトトギスです。
きっと私が昔を懐かしむように、ホトトギスが鳴いたのでしょう。

113
吉野からの苔の松の枝は大切なものです。
あなたの言葉を共に運んできたのですもの。

<私の想像を加えた歌の意味>
111
私は、昔のことをしきりに懐かしく思い出します。
ユズリハの御井の井戸は、亡き天武天皇がよく来られた所です。
御井の井戸の上を、鳴きながら飛ぶ鳥がいます。
あの鳥も、昔のこと、天武天皇のお元気だったころを恋い慕っているのでしょうか。

112
昔を思う鳥は、ホトトギスだということです。
あなたがお聞きになったのも、きっとホトトギスの鳴き声でしょう。
亡きお方を偲んで、ホトトギスが鳴いたのでしょう。
私も、ホトトギスの鳴くように、昔のことが懐かしくてたまりません。

113
苔の松の枝をお送り下さって、ありがとうございます。
優しいお言葉が添えられていてうれしゅうございました。
老いた私を思ってくださる松の枝ですので、私にはとても大切なものです。

<歌の感想>
 日本古典文学全集 萬葉集 小学館の解説(頭注)では次のようにある。

苔生す松を贈ったのは弓削皇子、この時一八、九歳。額田王は六十歳くらい。苔生す松は「老松」の謂、イニシヘの象徴。

 弓削皇子と額田王の年齢の差を思うと、共に亡き人のことを懐かしむという感じとは趣の違う味わいがある。

万葉集 巻二 110 日並皇子尊が石川郎女(大名児)に贈り与えられた御歌一首

大名児を 彼方野辺に 刈る草の 束の間も われ忘れめや
おおなこを おちかたのへに かるくさの つかのあいだも われわすれめや

<私が考えた歌の意味>
野で刈る草の一束はほんのわずかだ。
その一束ほどの短い間も私は忘れることはない。
大名児よ、おまえのことを。

<歌の感想>
 107~108と関連する作のようだ。日本古典文学全集 萬葉集 小学館には、次のように解説があるので、引用する。

自分を捨てて異母弟大津皇子に逢う石川郎女を引き留めようとして詠んだ歌。

 歌の背景として、こういう事情が周囲にも明らかになっているとしたなら、「相聞」の歌が描くものはずいぶんと幅の広い内容を含むものと思う。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

たんたらたらたんたらたらと
雨滴(あまだれ)が
痛むあたまにひびくかなしさ

<私の想像を加えた歌の意味>
雨がしとしとと降り続く。
頭痛が止まない。
不規則に落ちる雨垂れの音が嫌だ。
とぎれそうでとぎれない。
雨だれが、頭痛を増す。
雨だれが、頭にも心にもひびく。
かなしいことだ。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

山ごもりかくてあれなのみをしへよ紅(べに)つくるころ桃の花さかむ

<私が考えた歌の意味>
山にこもって、教えを受ける今が続くといいのに。
教えを説いてくださるお坊様、あなただけが私だけに説いてくださるといいのに。
山を下りて、また私がお化粧をする頃には、桃の花も咲くでしょう。

<私の想像を加えた歌の意味>
仏法を学ぶためだったのでしょうか、それともあなたに会うためだったのでしょうか。
修行者に教えを説くあなたを見つめているうちに、山にこもっているのはあなたと私だけと思えてきます。
どうか、二人だけでいる想像が現実のものになりますように。
私が、山を下り、紅を差してあなとに会うときは、あなたは私の想いを許すに違いありません。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

経はにがし春のゆふべを奥の院の二十五菩薩歌うけたまへ

<私が考えた歌の意味>
お経をあげるのは退屈です。
春の夕べなのですから、私の歌を味わってください。
奥の院にいらっしゃる二十五菩薩様。

<私の想像を加えた歌の意味>
お経を学びにここに来ました。
でも、もうお経を聴くのが辛くなってきました。
今は、春、そろそろ日も暮れます。
奥の院の二十五菩薩も、私の恋の歌を聞けば、心も浮き立つでしょう。

万葉集 巻二 107 108 109
 
107 大津皇子が石川郎女に贈った御歌一首
あしひきの 山のしづくに 妹待つと われ立ち濡れし 山のしづくに
あしひきの やまのしずくに いもまつと われたちぬれし やまのしずくに

108 石川郎女が唱和し奉った歌一首
我を待つと 君が濡れけむ あしひきの 山のしづくに ならましものを
あをまつと きみがぬれけん あしひきの やまのしずくに ならましものを

109 大津皇子がひそかに石川郎女と関係を結んだ時に、津守連通(つもりのむらじとおる)がその事実を占い露(あら)わしたので、皇子がお作りになった歌一首
大船の 津守が占に 告らむとは まさしく知りて 我が二人寝し
おおぶねの つもりがうらに のらんとは まさしくしりて わがふたりねし

<私が考えた歌の意味>
107
露に濡れた山路で、あなたを待ちました。
あなたを待って、山の露に濡れてしまうまで、立ち尽くしていました。

108
私を待ってあなたは、露に濡れてしまったのですね。
私が、あなたを濡らす露になれればよいのに。

109
占いで二人の仲が暴露されました。
そうなることは、承知していました。
知られても構わないと、あなたの所に泊まったのです。

<私の想像を加えた歌の意味>
107
あなたは、来ると待っていた。
山路で待っていた。
山の露に濡れるほど待っていた。
あなたを信じて、立ち尽くしていた。

108
私を待って立ち尽くしていたのですね。
私が行くのを待って濡れてしまったのですね。
行きたくても、行けないのです。
でも、心は、あなたを濡らした山のしずくになりたいほどです。

109
二人の仲はいずれは知られます。
そんなことは、承知の上です。
そんなことを恐れていては、二人が結ばれることはありません。
周囲の非難なぞ気にしないで、あなたと結ばれたのです。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

或る時のわれのこころを
焼きたての
麺麭(ぱん)に似たりと思ひけるかな

<私の想像を加えた歌の意味>
焼きたてのパンの香ばしい香りがする。
焼きたてのパンの手触りはふっくらとしている。
ある朝の私の心は、焼きたてのパンのようだった。
そんなふうに、自分の心を新鮮なものに感じる日もあったのだ。
だが、いつもの私の心はそうではない。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

この次の休日(やすみ)に一日(いちにち)寝てみむと
思ひすごしぬ
三年(みとせ)このかた

<私の想像を加えた歌の意味>
この次の休日には、何もしないで、どこへも行かないで一日中寝ていよう。
三年前からそう思っていた。
休日がないわけではない。
でも、休みの日でも何もせずに家にいるということなどないのだ。
そんな普通の勤め人のような気分にはなれない。
私は、いつも何かを思い悩んでいるのかもしれない。

朝日新聞夕刊2017/3/22 あるきだす言葉たち 春の棘 松岡 秀明(まつおか ひであき)

クリニックの診察室に四季はない生花(せいか)と患者の服装以外

 患者は、病気を治したくて医師の所へ行く。病気の症状の重い時は、一刻も早く病院へ行きたい。治療のおかげで病が癒えると、今度は一刻も早く病院を出たい。
 患者は、クリニックの診察室に季節感を期待しない。しかし、医師や看護師は、そこが仕事場である。一日の大半をそこで過ごしている。わずかでも、季節を感じられる方が治療する方にも、治療を受ける方にも大切なことだと思う。


早春のなかに一本棘はあり 人差し指をしずかにのばす
 
 緊張してこわばったようになっていた指に気づいて、体を緩めるようにその指をのばす、そんな動作をイメージした。
 早春は、これからの明るく生き生きとした時間を期待する季節だ。だが、そういう早春の日々にも、冷たい風も吹けば、冬に戻ったかのような日もある。明るく穏やかな気持ちではあるが、心のどこかに引っかかる「一本棘」を感じている、そんな心象を描いていると思う。
 幸福に満ちた時間は、どこか疑わしい。医学は、病気の克服が目標だが、常に死と向き合っている。成長と回復を望むが、成長も回復も限りがある。そういうことを、考えさせる短歌だ。

万葉集 巻二 165 166 大津皇子の遺体を葛城の二上山に移葬した時に、大伯皇女が悲しんで作られた歌二首

165
うつそみの 人なる我や 明日よりは 二上山を 弟と我が見む
うつそみの ひとなるわれや あすよりは ふたがみやまを いろせとわがみん

166
磯の上に 生ふるあしびを 手折らめど 見すべき君が ありといはなくに
いそのうえに おうるあしびを たおらめど みすべききみが ありといわなくに

<私の想像を加えた歌の意味>
165
どんなに亡き大津皇子のことを思っても、私はこの世の人です。
明日からは、二上山を弟として眺めることでしょう。
葬った所を見て、在りし日の大津皇子を偲ぶことしかできません。

166
岩の上のあしびの花を摘みたいと思いました。
でも、そのあしびを見せたい大津皇子はもういません。
見せたい人がいないのに、花を摘んでも意味のないことです。

万葉集 巻二 163 164 大津皇子(おおつのみこ)が亡くなった後に、大伯皇女(おおくのひめみこ)が伊勢の斎宮から上京した時に作られた歌二首

163
神風の 伊勢の国にも あらましを なにしか来けむ 君もあらなくに
かんかぜの いせのくににも あらましを なにしかきけん きみもあらなくに

164
見まく欲り 我がする君も あらなくに なにしか来けむ 馬疲るるに
みまくほり あがするきみも あらなくに なにしかきけん うまつかるるに

<私の想像を加えた歌の意味>
163
都に来ずに伊勢にいた方がよかった。
大津皇子のいない都に来ても、何のために来たと言うのでしょうか。

164
一目会いたかった大津皇子は、もういません。
大津皇子のいない都に来ても、馬を疲れさせるだけです。

<歌の感想>
 105 106の短歌 は相聞だが、163 164は挽歌に分類されている。
 大津皇子を喪った悲痛な気持ちは伝わるが、それほど強い印象は受けない。諦めの感情が漂って来るようにも思える。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

邦人(くにびと)の顔たへがたく卑しげに
目にうつる日なり
家(いへ)にこもらむ

<私が考えた歌の意味>
日本人の顔が耐え難いほど卑しく見える日だ。
こういう日は家にこもっていよう。

<歌の感想>
 よくわからない短歌だ。「邦人」は故郷の人々を指したのかとも思うが、それでは用語として納得できない。わからないながら、外を歩いている人々の顔が卑しく見えると受け取った。
 外国の人々の顔と、日本人の顔を比較したということも、この短歌からは出てこない。会う人会う人、皆卑しい顔つきに見える、ということなのか、疑問の残る作品だ。

万葉集 巻二 105 106 大津皇子が、ひそかに伊勢神宮に下って、都に帰った時に、大伯皇女が作られた歌二首
 
105
わが背子を 大和へ遣ると さ夜ふけて 暁露に 我が立ち濡れし
わがせこを やまとへやると さよふけて あかときつゆに わがたちぬれし

106
二人行けど 行き過ぎがたき 秋山を いかにか君が ひとり越ゆらむ
ふたりゆけど ゆきすぎがたき あきやまを いかにかきみが ひとりこゆらん

<私の想像を加えた歌の意味>
105
大和へと帰る我が君を見送りました。
我が君のこれから先を思うと心配でしょうがありません。
もう姿が見えなくなっても、夜露に濡れながら立ち尽くしていました。

106
二人で山越えをしても、心細くなる険しい秋山の路です。
我が君は、一人でそこを越えねばなりません。
今頃は、どんなにか心細い思いで山路を歩いていることでしょう。

<歌の感想>
 枕詞や譬えがなく、やり取りを楽しむ相聞とは違う趣の短歌だと思う。
 歌の背景の説明を参考にすると、作者大伯皇女が、大津皇子(大伯皇女が姉、大津皇子が弟)に二度と会えないかもしれないという気持ちが込められているとも考えられる。歴史的には確定はできないが、そのような背景があってもおかしくないと感じられる。

↑このページのトップヘ