万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。 私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

石川啄木『一握の砂』「煙」 より

それとなく
郷里(くに)のことなど語り出でて
秋の夜に焼く餅のにほひかな

<私が考えた歌の意味>
故郷でなにかあったわけでもないのに、話は故郷のことになる。
秋の夜、餅を焼くにおいが茶の間を満たす。

<歌の感想>
 会話を家族でのものとしてとらえてみた。だが、友人同士でもいいであろう。強い望郷の念に身を置くこともあれば、この作のように穏やかに故郷を思い出すこともある作者を感じる。

石川啄木『一握の砂』「煙」 より

このごろは
母も時時ふるさとのことを言ひ出づ
秋に入れるなり

<私の想像を加えた歌の意味>
母がこのごろ時々故郷のことを話題にする。
私と母は故郷のことを話すことがほとんどない。
母は、私の前で、故郷のあれこれを話すのをためらっているのだ。
そんな母が、我慢できなくなったように故郷のことを話題にする。
秋という季節が、母の望郷の想いを強くしているのだ。

石川啄木『一握の砂』「煙」 より

飴売のチャルメラ聴けば
うしなひし
をさなき心ひろへるごとし

<私の想像を加えた歌の意味>
幼いころのすなおな心を今はすっかりなくしてしまった。
人を疑うことも人の悪意を見抜こうとすることもない時期が私にもあった。
久しぶりに子どもの頃に楽しみにしていた飴売りのチャルメラの音を聞いた。
そのとたん、幼いころの心を思い出した。
まるで、失くした大切なものをひろったように。

石川啄木『一握の砂』「煙」 より

二日前に山の絵見しが
今朝になりて
にはかに恋しふるさとの山

<私が考えた歌の意味>
二日前に山の絵を見た。
その絵を見た時はそんなことは思わなかった。
今朝になって、急に恋しくなった、ふるさとの山を。

<私の想像を加えた歌の意味>
故郷の山を見たい。
今朝、急にそう思う。
故郷にいるときはなんのへんてつもない山として見ていたのに。
どうして急に故郷の山が見たくなったのだろう。
そうか、二日前に山の絵を見ていた。
もちろん、その絵は私の故郷の山を描いたものではない。
私にとって、山とは、すべて故郷の山が元になっているのだろう。

石川啄木『一握の砂』「煙」 より

わかれおれば妹いとしも
赤き緒の
下駄など欲しとわめく子なりし

<私が考えた歌の意味>
別れていると、妹のことが恋しくなるよ。
どんな妹だったかというと、うまくいえないのだが‥‥。
赤いはなおの下駄が欲しい、とわめく子だったよ、妹は。

<歌の感想>
 故郷には、家族がいる。家族の中には妹もいる。故郷の家族から離れていると、妹のことをときに恋しく思う。妹とは特別に仲がよかったかというと、そうでもない。妹のことで思い出があるかといえば、それも特別なことはない。ただ妹が幼い頃にわめいて物を欲しがっていた様子くらいしか思い出せない。でも、そのどこにでもあるような暮らしの思い出が、今は貴重なものに思える。そんな作者の思いが伝わってくる。
 兄妹との関係に理屈はない。成長も発展もない。互いに年齢を重ねても、妹も兄も幼い頃に戻ってしまう。家族とは、兄妹とは、そういうものなのだ。
 啄木は、家族と離れ、妹とも長く会っていないのであろう。変化も成長もない家族の中に、啄木が埋没することはない。家族の中に埋没することはないが、家族の中で暮らす喜びを、否定することもない。むしろその失われつつある家族のつながりを、啄木は失いたくないと思っているように感じる。

万葉集 巻三 251 柿本朝臣人麻呂の旅の歌八首(249~256)

淡路の 野島の崎の 浜風に 妹が結びし 紐吹き返す
あわじの のしまのさきの はまかぜに いもがむすびし ひもふきかえす

<私が考えた歌の意味>
淡路の野島の岬に浜風が吹く。
吹き寄せる浜風に私の着物の紐が吹き返される。
旅立つときに、妻が結んでくれた紐が吹き返される。

<私の想像を加えた歌の意味>
着物の紐が風に吹かれなびく。
ここは、淡路の野島の岬。
長い旅を経て、ここまでやってきた。
淡路の野島に吹く浜風は強い。
旅立ちの折に、無事を祈って妻が結んでくれた紐が浜風に吹き返される。
はるか離れている妻のことを思う。
妻も私のことを思っているだろう。
ここは、淡路の野島の岬。

万葉集 巻三 250 柿本朝臣人麻呂の旅の歌八首(249~256)

玉藻刈る 敏馬を過ぎて 夏草の 野島の崎に 舟近付きね
たまもかる みぬめをすぎて なつくさの のしまのさきに ふねちかづきぬ

<私が考えた歌の意味>
敏馬の海岸では海人たちが海藻を採集している。
その敏馬を過ぎて舟は進む。
夏草が茂っている野島の崎が見えてきた。
その野島の崎に舟が近づいていた。

<私の想像を加えた歌の意味>
舟は、敏馬の辺りに差しかかった。
ここ、敏馬は、立派な海藻が採れる海岸と聞いているが、聞いていた通り豊かな海に見える。
海は穏やかで、舟は順調に進む。
岬が見えてきた。
夏草で青々とした岬だ。
あれは、野島の崎にちがいない。
舟は、もう野島の崎に近づいた。

万葉集 巻三 249 柿本朝臣人麻呂の旅の歌八首(249~256)
御津の崎 波を恐み 隠り江の 舟公宣奴嶋尓

 
歌の第四句以下は、現在に至るまで解読不可能 (新日本古典文学大系 萬葉集 岩波書店)
とされている。
 題詞については、
「羇旅の歌八首」は、瀬戸内海の旅の歌である。摂津国・播磨国と淡路島西海岸の地名が多く詠まれているが、配列の順序については明解を得ない。
と解説されている。(新日本古典文学大系 萬葉集 岩波書店)

万葉集 巻三 248 また長田王が作った歌一首

隼人の 薩摩の瀬戸を 雲居なす 遠くもわれは 今日見つるかも
はやひとの さつまのせとを くもいなす とおくもわれは きょうみつるかも

<私が考えた歌の意味>
隼人の住む薩摩の瀬戸が遠くに見える。
まだはるかかなたの雲を見るように遠くではあるが、あれは薩摩の国だ。
今日、薩摩の国が見える所まで、はるばるたどり着いたのだ。

石川啄木『一握の砂』「煙」 より

ふるさとの
かの路傍(みちばた)のすて石よ
今年も草に埋もれしらむ

<私の想像を加えた歌の意味>
ふるさとのある路の路端にわりと大きな石があった。
その石は、転がっているたくさんの石よりも大きいのに何かのためにあるというのではなく、ただそこにあった。
草が生い茂らない時期は、石の姿は見えている。
夏草が生い茂ってくると、その大きな石もすっかり草に埋もれてしまう。
ふるさとを離れていると、あんな石のことまで懐かしくなる。
今年も暑い季節になった。
ふるさとのあの路傍の石は、また草に埋もれているだろう。

このページのトップヘ