万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

山家集 上巻 春 33 7014春の霞 いへたちいでで 行きにけん 雉子たつ野を 焼きてける哉はるのかすみ いえたちいでて ゆきにけん きぎすたつのを やきにけるかな<口語訳>春霞の中出かけて見に行ってみよう。雉の来ている野で野焼きがあったから。<意訳>春の野…
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 よりわが泣くを少女等(おとめら)きかば病犬(やまいぬ)の月に吠ゆるに似たりといふらむ<私が考えた歌の意味>私が泣く声を少女たちが聞いたなら、狂犬が月に向かって吠えていると思うだろう。<私の想像を加えた歌の意味>私の悲
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 よりたはむれに母を背負ひてそのあまり軽(かろ)きに泣きて三歩あゆまず<口語訳>ふざけも混じった気持ちで母をおんぶした。その母が軽くなっているのに気づき、涙が出てしまった。三歩と歩くことさえできなかった。<意訳>よもや
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より燈影(ほかげ)なき室(しつ)に我あり父と母壁のなかより杖つきて出づ<口語訳>明かりのない部屋に独りでいる。闇の中、父と母があらわれた。暗い壁の中から、二人とも杖をついた姿でうかんでくる<意訳>父母に長年会っていな
>>続きを読む

山家集 上巻 春 32 7012おひかはる 春の若草 まちわびて 原の枯野に 雉子なくなりおいかわる はるのわかくさ まちわびて はらのかれのに きぎすなくなり<口語訳>若菜が芽吹くのを待ちきれなくて、野原の枯野で雉が鳴いている。<意訳>春がきたが、若菜の芽は
>>続きを読む

山家集 上巻 春 31 7011もえいづる 若菜あさると 聞ゆなり 雉子なく野の 春の明けぼのもえいずる わかなあさると きこゆなり きぎすなくのの はるのあけぼの<口語訳>萌え出たばかりの若菜をあさって雉が野原で鳴いているようだ。春の曙どきに。<意訳>春の曙
>>続きを読む

 柿本人麻呂の巻一 29~31を読むと、作者の興味が荒れ果てた都跡に注がれていることが分かる。これは、人麻呂個人の視点ではない。当時の人々が長歌短歌に求めたものが、荒れ果てた都の跡の景色であり、風情であったと思われる。 そして、そこに、過去を思い出し、昔の栄
>>続きを読む

 少しずつ、万葉集中の柿本人麻呂の作を、私なりに散文にしてみている。そうすると、だんだんにこの人がどんな作家よりも抜きんでた表現者に思えてきた。 特にその長歌(巻二 210)に驚く。こんなに短い文字数の中で、妻の死を悼む人間の心情をあらゆる面から描いている。
>>続きを読む

巻二 210うつせみと 思ひし時に 取り持ちて 我が二人見しうつせみと おもいしときに とりもちて わがふたりみし走り出の 堤に立てる 槻の木の こちごちの枝のはしりでの つつみにたてる つきのきの こちごちのえの春の葉の しげきがごとく 思へりし 妹にはあ
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より飄然と家を出でては 飄然と帰りし癖よ友はわらへど<口語訳>誰にも何も言わずにふらりと家を出る。いつ帰るとも知らせず、どこへ行ったかも言わずふらりと家へ戻る。友人は、私がそんなことをたびたびするのを笑っている。<意
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より大といふ字を百あまり砂に書き死ぬことをやめて帰り来れり<口語訳>砂の上に「大」という字をいくつもいくつも書いてみた。死のうという気持ちが消えてしまい、海岸を後にした。<意訳>この気持ちをどうすることもできず、また
>>続きを読む

 山上憶良の 銀も 金も玉も 何せむに 優れる宝 子にしかめやも は、有名な短歌だ。 だが、作品からイメージできる情景はほとんどない。また、作者の個人の心情というよりは、非常に広い範囲の人々がもつ心情が表現されている。 また、この反歌から、当時既に金銀財
>>続きを読む

巻五 803銀も 金も玉も 何せむに 優れる宝 子にしかめやもしろかねも くがねもたまも なにせんに まされるたから こにしかめやも<口語訳>銀も金も珠玉も、どうしてこの世で最も値打ちのある宝といえるだろうか。子どもに勝る宝などこの世にはない。<意訳>世間で
>>続きを読む

802 山上憶良瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆうりはめば こどもおもおゆ くりはめば ましてしぬわゆいづくより 来たりしものそ まなかひに もとなかかりていずくより きたりしものそ まなかいに もとなかかりて安眠しなさぬやすいしなさぬ<口語訳
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 よりしつとりとなみだを吸へる砂の玉なみだは重きものにしあるかな<口語訳>砂の玉がしっとりと涙に濡れた。その砂の玉が重く感じられる。この重さは涙の重さなのだろう。<意訳>手にした砂が私の涙でしっとりと濡れた。手の中の濡
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より砂山の裾によこたはる流木にあたりを見まはし物言ひてみる<私が考えた歌の意味>砂山の外れに流木が横たわっている。辺りに見回したが、砂浜に人はいない。その流木に話しかけてみた。<私の想像を加えた歌の意味>辺りには誰も
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より砂山の砂に腹這い初恋のいたみを遠くおもひ出づる日<私の想像を加えた歌の意味>今日も海へ一人でやって来た。今日は気持ちが安らかだ。遠い昔の初恋にまつわる悲しみを思い出した。私にも今日のように思い出に浸る日もある。<
>>続きを読む