万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりわかき小指胡粉(をゆびごふん)をとくにまどひあり夕ぐれ寒き木蓮の花<私が考えた歌の意味>小指で白の顔料をといている。さまざまにまどう心がわきあがる。目をあげれば、夕ぐれのなか木蓮の花が咲いている。白色をとく小指が若々…
>>続きを読む

※以前の記事を改めた。なほ許すせ御国(みくに)遠くば夜(よ)の御神(みかみ)紅皿船(べにざらふね)に送りまゐらせむ<私の想像を加えた歌の意味>お許しください、夜の神様。この甘美な夜が長く続きますように。夜の神様が、お国に戻られると、夜明けが来てしまいます
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より美しき命を惜しと神のいひぬ願ひのそれは果たしてし今<私が考えた歌の意味>美しい命が惜しいと神がいった。願いが叶った今。命と引きかえにかなえてほしいと頼んだ願いが叶った今なのに。<私の想像を加えた歌の意味>命はいらない
>>続きを読む

<歌の感想>与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より今ここにかへりみすればわがなさけ闇(やみ)をおそれぬめしひに似たり<私の想像を加えた歌の意味>われに返ってみると、私はまるで盲目の人でした。あの人に恋い焦がれて、なにもみえなくなっていました。私の気持ちは
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より狂ひの子われに焔(ほのほ)の翅(はね)かろき百三十里あわただしの旅<私が考えた歌の意味>恋に夢中の私には、炎の羽があるのです。恋のために百三十里を軽い軽い羽で飛び越えます。一瞬にして、貴方のもとへ参ります。<私の想像を
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりなほ許すせ御国(みくに)遠くば夜(よ)の御神(みかみ)紅皿船(べにざらふね)に送りまゐらせむ<私が考えた歌の意味>お国から遠く離れていることを、なお許してください。私の夜の神様、まだお国に戻らないでください。お戻りの
>>続きを読む

万葉集 巻三 241 或る本の反歌一首大君は 神にしいませば 真木の立つ 荒山中に 海をなすかもおおきみは かみにしいませば まきのたつ あらやまなかに うみをなすかも<私の想像を加えた歌の意味>皇子様が、大木の生い茂っている山の中に、海のように大きな池を作
>>続きを読む

万葉集 巻三 240 反歌一首  長皇子(ながのみこ)が猟路の池に狩猟に行かれた時、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌(239 240)ひさかたの 天行く月を 網に刺し 我が大君は 蓋にせりひさかたの あまゆくつきを あみにさし わがおおきみは きぬがさにせり<私
>>続きを読む

万葉集 巻三 239 長皇子(ながのみこ)が猟路の池に狩猟に行かれた時、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首と短歌やすみしし わが大君 高光る わが日の皇子の やすみしし わがおおきみ たかひかる わがひのみこの馬並めて み狩立たせる 若薦を 猟路の小野にうまなめて
>>続きを読む

巻三 238 長忌寸意吉麻呂(ながのいみきおきまろ)が天皇の仰せに答え奉った歌一首大宮の 内まで聞こゆ 網引すと 網子ととのふる 海人の呼び声おおみやの うちまできこゆ あびきすと あごととのうる あまのよびごえ<私の想像を加えた歌の意味>宮殿の奥まった部屋
>>続きを読む

巻三 237 志斐の嫗が答え奉った歌否と言へど 語れ語れと 詔らせこそ 志斐いは奏せ 強ひ語りと言ふいなといえど かたれかたれと のらせこそ しいいはまおせ しいかたりという<私が考えた歌の意味>私は、いやですと言うのに、語ってと何度も仰せになるので、志甲の
>>続きを読む

巻三 236 天皇が志斐の嫗に遣わされた御歌一首否と言へど 強ふる志斐のが 強ひ語り このころ聞かずて 朕恋ひにけりいなといえど しうるしいのが しいかたり このころきかずて あれこいにけり<私の想像を加えた歌の意味>何回も聞かされて、もう聞くのも飽きてしま
>>続きを読む

白内障治療の手術を受けました。経過はよく、遠くは治療の前よりは見えるようになりました。近くは、無理をしないと見えません。近くを見るための眼鏡は、視力が安定するまで作らないようにという医師の指示がありました。小さい文字の読み書き以外は、見え方の改善は明らか
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 より見よげなる年賀の文(ふみ)を書く人とおもひ過ぎにき三年(みとせ)ばかりは<私の想像を加えた歌の意味>在学中はそれほど親しい友人ではなかった。卒業してから、その友人から年賀状をもらった。その年賀状は工夫されていて、見て楽しか
>>続きを読む

万葉集 巻三 235 天皇が雷岳にお出ましの時、柿本朝臣麻呂が作った歌大君は 神にしいませば 天雲の 雷の上に 庵りせるかもおおきみは かみしいませば あまくもの いかずちのうえに いおりせるかも<私が考えた歌の意味>天皇様は、雷岳でお泊りになられる。天皇様
>>続きを読む

万葉集 巻二 234 或る本の歌に言う(233~234)三笠山 野辺行く道 こきだくも 荒れにけるかも 久にあらなくにみかさやま のべゆくみち こきだくも あれにけるかも ひさにあらなくに<私の想像を加えた歌の意味>亡き親王様の御所へと通じていた三笠山の野原の道を
>>続きを読む

石川啄木『一握の砂』「煙」 より人ごみの中をわけ来(く)る我が友の昔ながらの太き杖かな<私の想像を加えた歌の意味>駅前の雑踏をかき分けるようにしてやって来た。私の姿を見つけると、友はうれしそうな顔をして、周りの人々の視線など気にしていない。友は、人ごみの
>>続きを読む