万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)たぶん来る明日の方へゆつくりとペダルの上の雨を踏み込む 将来への展望の感じられない現状を描いているのに、この一連の短歌は前に進もうとする気持ちを感じる。それを、この作か…
>>続きを読む

そのむかし秀才の名の高かりし友牢にあり秋のかぜ吹く<私の想像を加えた歌の意味>秋の風を感じる。空模様も風景も秋の気配だ。ふと、友のことを思う。牢に入れられたという友のことを。なんの罪で牢に入れられたのか詳しくはしらない。しかし、人を傷つけたり物を盗んだり
>>続きを読む

夢さめてふつと悲しむわが眠り昔のごとく安からぬかな<私が考えた歌の意味>深夜ふっと目が覚めた。目が冴えて寝付けなくなった。思うのは悲しいことばかり。私の眠りは昔は安らかだった。今は、熟睡できない夜が多くなってしまった。<歌の感想> ただ睡眠のことを表現し
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)ひとつづつ昔の傷をうづかせて入社と退社をあまた記せり 私は、この短歌で表現されていることが気になっていた。どうして最近はこうなったんだ!と思う。 それは、就職、就労、つ
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)三冊の求人情報誌を広げ見たことのある未来を選ぶ 自分が過去の人間である、と感じてしまう。私は、学生時代を含めて「求人情報誌」を見たことがない。また、社会へ出てからは、転
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)さびしさのひきおこしたる症状がつぎつぎあふれだす月の夜 歌われている題材は、平凡だ。表現方法が現代だ。時代が違えば、「症状」は病気の場合に使われる言葉だった。今は、この
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)平日の街をゆき交ふ人たちの健全な目に射られてあせる 平日の街は、働く人たちであふれている。まるで、自分だけが仕事を持たない人のようだ。 忙しく動く街の活気、それに比べて
>>続きを読む

朝日新聞夕刊2018/7/11 あるきだす言葉たち 7・11アゲイン 熊谷 純(くまがい じゅん)ゆき先を決めずバイトを辞めたれば世界は朝から晩まで樹海 私は、次の働き口を決めずにそれまでの仕事を辞めたことがない。それは、私だけではなく、過去の世間の常識だった。今は
>>続きを読む

万葉集 巻三 244 或る本の歌一首み吉野の 三船の山に 立つ雲の 常にあらむと 我が思はなくにみよしのの みふねのやまに たつくもの つねにあらんと わがおもわなくに<私の想像を加えた歌の意味>み吉野の三船の山の頂上には、いつも雲が湧き起っている。あの雲は
>>続きを読む

万葉集 巻三 243 春日王が答え奉った歌一首大君は 千歳にまさなむ 白雲も 三船の山に 絶ゆる日あらめやおおきみは ちとせにまさなん しらくもも みふねのやまに たゆるひあらめや<私の想像を加えた歌の意味>いつまでもこの世にはいないなどと仰せになることはあ
>>続きを読む

万葉章 巻三 242 弓削皇子の吉野に遊ばれたときの御歌一首滝の上の 三船の山に 居る雲の 常にあらむと 我が思はなくにたきのうえの みふねのやまに いるくもの つねにあらんと わがおもわなくに<私が考えた歌の意味>吉野川の急な流れのほとりに三船の山がそびえ
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より紫に小草(をぐさ)が上に影おちぬ野の春風に髪けづる朝<私が考えた歌の意味>野の若草の上に朝日がさまざまな影を落とします。髪をくしけずる私に春風が吹きます。若草の上の朝の影は紫色です。<歌の感想> 晶子の特徴である独特
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりしのび足に君を追ひゆく薄月夜(うすづきよ)右のたもとの文がらおもき<私が考えた歌の意味>薄雲の夜空、月がほのかに照らしている。君のあとをそっと追って行く私。右のたもとに入れたもう用のなくなった手紙が重い。<私の想像を
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりみだれ髪を京の島田にかへし朝ふしてゐませの君ゆりおこす<私が考えた歌の意味>乱れた髪を、京風の島田髷に結い直します。まだ眠そうな君を揺り起こします。今朝の新しい髪型を、君に見せたくて。<歌の感想> この一首だけで、二
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりふしませとその間さがりし春の宵衣桁にかけし御袖かつぎぬ<私が考えた歌の意味>おやすみなさいませ、とそのお部屋を出て来ました。私の部屋の衣桁には、あなたのお着物が残されています。あなたのお着物の袖に顔をうずめます。あな
>>続きを読む

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 よりわかき小指胡粉(をゆびごふん)をとくにまどひあり夕ぐれ寒き木蓮の花<私が考えた歌の意味>小指で白の顔料をといている。さまざまにまどう心がわきあがる。目をあげれば、夕ぐれのなか木蓮の花が咲いている。白色をとく小指が若々
>>続きを読む