万葉集のかたわらにキーボード

記事は、原文に忠実な現代語訳や学問的な解釈ではありません。私なりにとらえた歌の意味や、歌から思い浮かぶことを書いています。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

わが抱(いだ)く思想はすべて
金なきに因(いん)するごとし
秋の風吹く

<私が考えた歌の意味>
私がもつ思想は、すべて私に金がないことが出発点になっているようだ。
そう思い至った時、秋風の吹くのを感じた。

<歌の感想>
 この歌集の今までの作品の内で、最も虚無感を漂わせていると感じる。裏を返せば、金さえあれば、自分の思想はすべて変わってしまうということになる。

以前の記事を改めた。
万葉集 巻二 165 166 大津皇子の遺体を葛城の二上山に移葬した時に、大伯皇女が悲しんで作られた歌二首

165
うつそみの 人なる我や 明日よりは 二上山を 弟と我が見む
うつそみの ひとなるわれや あすよりは ふたがみやまを いろせとわがみん

166
磯の上に 生ふるあしびを 手折らめど 見すべき君が ありといはなくに
いそのうえに おうるあしびを たおらめど みすべききみが ありといわなくに

<私の想像を加えた歌の意味>
165
私はこの世の人であり、弟はあの世の人となってしまいました。
明日からは、弟が葬られた二上山を弟と思い、眺めましょう。

166
岩の上のあしびの花を摘みたい。
摘んだ花を君に見せたい。
その君は、もういないというのに。

以前の記事を一部改めた。
万葉集 巻二 163 164 大津皇子が亡くなった後に、大伯皇女が伊勢の斎宮から上京した時に作られた歌二首

163
神風の 伊勢の国にも あらましを なにしか来けむ 君もあらなくに
かんかぜの いせのくににも あらましを なにしかきけん きみもあらなくに

164
見まく欲り 我がする君も あらなくに なにしか来けむ 馬疲るるに
みまくほり あがするきみも あらなくに なにしかきけん うまつかるるに

<私の想像を加えた歌の意味>
163
伊勢の国にいればよかった。
あの方はもういないのに、どうしてここに来てしまったのだろう。

164
一目だけでも会いたいと思う君はもういません。
いったい何をしにここまで来たのでしょう。
道中の馬を疲れさせるだけなのに。

<私の想像を加えた歌の意味>
163
あの方が亡くなられたと聞き、伊勢から出かけて来ました。
でも、いざ来てみても、あの方にお会いすることはできません。
亡くなったと分かっていても、会えないと分かっていても、あの方のおいでになった場所に来ずにはいられません。

164
この旅は、馬を疲れさせるだけの虚しいものです。
一目顔を見たいと思う君は、この世にはいらっしゃらない。
もう決して会うことがないのに、どうして来てしまったのでしょう。

<歌の感想>似ている二首ではあるが、どちらも作者の思いが伝わってくる。


万葉集 巻二 162 天皇が崩御して八年後の九月九日、御斎会の夜に、夢の中で繰り返しお唱えになった歌一首

明日香の 清御原の宮に 天の下 知らしめしし 
あすかの きよみのみやに あめのした しらしめしし

やすみしし 我が大君 高照らす 日の皇子 
やすみしし わがおおきみ たかてらす ひのみこ

いかさまに 思ほしめせか 神風の 伊勢の国は
いかさまに おもおしめせか かんかぜの いせのくには

沖つ藻も なみたる波に 塩気のみ かをれる国に
おきつもも なみたるなみに しおけのみ かおれるくにに

うまこり あやにともしき 高照らす 日の皇子
うまこり あやにともしき たかてらす ひのみこ 

<私の想像を加えた歌の意味>
我が大君は、明日香の清御原の宮で、国を治められた。
大君は、伊勢の国にお出かけになられた。
なぜ、伊勢の国へと向かわれたのか、定かではない。
藻が寄せて来る浜辺、潮の香の立つ海に恵まれた伊勢の国に、大君はまだいらっしゃるのか。
明日香にお戻りになられない大君のことが、ただただ慕わしい。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

男とうまれ男と交わり
負けてをり
かるがゆゑにや秋が身に沁む

<私が考えた歌の意味>
男子と生まれて、男子の中で生きてきた。
男としての戦いに負けている。
男子らしく強く生きられぬゆえか、秋がわが身に沁みる。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

わすれがたきとのみに趣味をみとめませ説かじ紫その秋の花

<私が考えた歌の意味>
忘れがたいできごとだったとだけ思ってください。
あなたに恋の思いを伝えることはもうしません。
秋の花の紫色が心にしみます。

<私の想像を加えた歌の意味>
私との恋は、思い出の中に封印してください。
私は、これ以上、あなたを求めることはしません。
私の今の気持ちは、秋の花の紫色、そのものです。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

ゆるしたまへあらずばこその今のわが身うすむらさきの酒うつくしき

<私が考えた歌の意味>
どうぞ許してください。
今の私はいない方がいいです。
うすむらさきの酒がそう思うほどに美しく感じられます。

<私の想像を加えた歌の意味>
もう私のことを追わないでください。
私もあなたを慕うことを止めます。
そう思えば思うほど、今宵のうすむらさきの酒は一段とうつくしい。

万葉集 巻二 160 161 一書に、天皇が崩御した時に、太上天皇(持統)が作られた御歌二首

160
燃ゆる火も 取りて包みて 袋には 入るとはいはずやも 智男雲
もゆるひも とりてつつみて ふくろには いるとはいわずやも 智男雲
※結句「智男雲」は解読不能。(日本古典文学大系 萬葉集 岩波書店)

161
北山に たなびく雲の 青雲の 星離れ行く 月を離れて
きたやまに たなびく雲の あおくもの ほしはなれゆく つきをはなれて

 160は、解読不能の句がある。161は、歌意が分かりにくい、(日本古典文学大系 萬葉集 岩波書店)とされている。この二首については、歌の意味が分からない。

朝日新聞夕刊2017/6/21 あるきだす言葉たち 英雄 小島 一記(こじま かずき)

たまきわるAI独裁政権下ノートに物を書く罪あらん

 AIが社会の機構の隅々にまで浸透し、まるで独裁政権のように全ての意思決定をするようになれば、個人が個の考えを表現することさえも禁止されるようになるかもしれない、という作者の恐れが描かれている。
 これは、今、注目を集めている話題ではあるが、この作品で表現されていることは斬新な発想ではないと思う。
 発想や思考の新しさというよりは、表現方法の新しさが際立っている。「AI独裁政権下」という最新の事象に「たまきわる」という枕詞を冠している。さらに、上の句の重々しい感じに比べ、下の句には平易な言葉が使われている。この二つの対比が、AIを短歌で表現することを可能にしたのだと感じる。
 
 AIを支配の手段や隠れ蓑にして、大衆をコントロールしようとする独裁政権の出現こそ、警戒しなければならない。

朝日新聞夕刊2017/6/21 あるきだす言葉たち 英雄 小島 一記(こじま かずき)

ふるさとに古戦場あり十代の信長が攻めし松葉城跡

 「ふるさと」「古戦場」「松葉城跡」の語句を見ると、故郷を懐かしむ平凡な感じしか思い浮かばない。しかし、この作品はなぜか現代のものになっている。
 初句、第二句は事実を示し、そこに作者の感情は出てきていない。第三句の「十代の信長が」が一首全体を支配していると思う。若くして破格の統率力を示した歴史上の人物への思いが凝縮されている。
 この句によって、作者の信長への思いが伝わってくる。だからこそ、ふるさとの松葉城跡に感慨が湧くのであろう。
 さらに、作者の信長像にも特徴があると受け取れる。歴史的に検証された信長像ではあるまい。また、今までの歴史小説に描かれてきた信長でもないであろう。それは、次の作品に表れている。

英雄と縁あるような時めきは少年の日の地元の史跡

 
時代性を超越した能力と実行力を有する「英雄」に対する作者の強い憧れを感じる。
 「地元の史跡」は、信長についての史跡の中では重要視されないものであろう。信長の城でも、信長が長く留まった場所でもない。だが、ほんの少しでも信長に縁があれば、作者にとっては大切なものに感じられたことが伝わってくる。
 歴史的な事実は変わらないが、歴史上の人物をどうとらえるかは、時代によって変化する。
 作者は、戦国時代の傑出した武将として信長をとらえているだけではないと思う。当時の価値観を覆し、戦術や政治だけでなく文化面においても時代を超越した感覚をもった「英雄」として信長をとらえていると感じる。

朝日新聞夕刊2017/6/21 あるきだす言葉たち 英雄 小島 一記(こじま かずき)

青色の淡きフォントで議事録に敵失ひとつ加筆しておく

 議事録というからには、自分用のメモなどではないのだろう。少なくとも論戦の一方の側では、共有される文書だと思う。そこに、目立たないように相手側の失言を加筆した。
 赤で付け加えれば、あからさま過ぎる。でも、記録には残しておきたい。そこで、「青色の淡きフォント」ということになる。デジタルの文書であれば、色とフォントとサイズは自在だ。

朝日新聞夕刊2017/6/21 あるきだす言葉たち 英雄 小島 一記(こじま かずき)

煤(すす)けたる根雪のように積み上げてホチキスの針を資料から抜く

 自分の意見を何も書かなくても、ページ数が多く見かけの立派そうな会議資料を作ることができる。結局は、役に立たず、真剣に読まれることもない資料は、積み上げられただけで処分される。
 紙はシュレッダーにかければいいが、ホチキスの針は邪魔だ。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

女(をんな)あり
わがいひつけに背(そむ)かじと心を砕く
見ればかなしも

<私が考えた歌の意味>
女がいる。
私の言いつけに背かないようにしようと、いつも心を砕く女がいる。
そういう様子を見ると、かなしくなる。

<私の想像を加えた歌の意味>
私の周囲には何人もの女性がいる。
どの女性も男である私に従おうと、いつも気を遣っている。
男の言いつけばかりに心を砕く日本の女性を見ると、かなしくなる。

<歌の感想>
 ある一人の女のことを詠んでいるととらえることもできる。
 だが、妻も含めて、作者と特別な関係にある女のいじらしさを描いているようには感じられない。
当時の日本の女性の実態を描いていると受け取った。男に従う女を「かなしも」ととらえるのは、当時としては先進的な感覚だったと思う。

石川啄木『一握の砂』「我を愛する歌」 より

いらだてる心よ汝(なれ)はかなしかり
いざいざ
すこし欠伸(あくび)などせむ

<私が考えた歌の意味>
いらだった心よ、おまえはかなしいよ。
いざいざ、すこしあくびなどしてみよう。

<私の想像を加えた歌の意味>
いらだちが抑えられない。
いらだった心のままでいるのは、かなしい気分になってくる。
さあさあ、この気分を変えようではないか。
すこし、あくびでもして、おおらかになってみよう。

万葉集 巻二 159 天皇が崩御された時に、皇后が作られた歌一首

やすみしし 我が大君の 夕されば 見したまふらし
やすみしし わがおおきみの ゆうされば みしたもうらし

明け来れば 問ひたまふらし 神岳の 山の黄葉を
あけくれば といたもうらし かみおかの やまのもみじを

今日もかも 問ひたまはし 明日もかも 見したまはまし
きょうもかも といたまわし あすもかも みしたまわまし

その山を 振り放け見つつ 夕されば あやに哀しみ 
そのやまを ふりさけみつつ ゆうされば あやにかなしみ

明け来れば うらさび暮らし あらたへの 衣の袖は
あけくれば うらさびくらし あらたえの ころものそでは

乾る時もなし 
ふるときもなし

<私の想像を加えた歌の意味>
お命があったなら、大君は、神岳の山を夕方には眺められ、朝にはお登りなったでしょう。
お命があったなら、あの神岳の山の黄葉を見に今日にもお出かけになり、明日には黄葉をご覧になっているでしょう。
大君のいない今、神岳の山を眺めると、夕べには本当に哀しくなり、朝になっても寂しさしかありません。
亡き大君のことを思い出し、私の涙は乾くことがありません。

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君

<私が考えた歌の意味>
恋する想いであつくなっている私の肌。
その柔肌に触れることもなく、人生を語るあなた。
まじめに説きつづけるあなた、さびしくはないの。

<私の想像を加えた歌の意味>
私の想いを感じてはいるのでしょう。
私の柔肌にはあつい血汐が流れています。
あなたは、触れようと思えば触れられるのに、そこに踏み込みません。
堅苦しいお話ばかりを続けます。
このままでは、さびしいでしょうに。

<歌の感想>
 恋し合う、愛し合う、その直前の時間が描かれている。こういう微妙な感覚が、いかにもふさわしく歌の調子に表れていると思う。
 さらりと訳していて、訳そのものの調子が美しいので、下に引用する。

「燃える肌を抱くこともなく人生を語り続けて寂しくないの」 チョコレート語訳 みだれ髪 俵万智

与謝野晶子 『みだれ髪』 臙脂紫 より

みぎはくる牛かひ男歌あれな秋のみづうみあまりさびしき

<私の想像を加えた歌の意味>
湖の汀を、たくましい男が牛を追ってやって来る。
秋の湖は人けもなく、静かだ。
牛飼いさん、歌を歌ってください。
だって、この景色は私にはさびしすぎるから。

<歌の感想>
 「歌あれな」は、私に声をかけてください、ととらえた方がふさわしいかもしれない。さびしいのは、「秋のみづうみ」の情景ではなく、作者の心であろう。

↑このページのトップヘ